就寝前の保湿は肌を整える大切な時間

脱毛後の肌も正しいスキンケアで乾燥から大切な肌を守りましょう

スキンケアは年齢や男女問わず美肌のために必要なお手入れ方法です。
特に寝る前の保湿は肌の健康のためにはとても大切です。しかし毎日忙しいと寝る前のスキンケアがなかなかできずついつい後回しになってしまうことがあると思います。でも、夜の保湿をしっかりすることで肌の良い状態を保つことができます。まず、今回は就寝前の肌の手入れ方法についてご説明いたします。

美肌を保つために寝る前にやってはいけないこと

しかし、スキンケアをいくらしっかりやっていても、生活習慣でお肌に悪いことをしていては、肌のバリア機能はどんどん低下してしまいます。バリア機能が低下すると、肌の保湿機能が低下し乾燥した状態になってしまうため、まずは健康的な生活をしていただき、肌のバリア機能を低下させないように心がけてください。さて、美肌のためにやってはいけないことは・・・

・寝ながらスマホをいじる

寝る前のスマホタイムは結構やってしまいますよね。眠れないときについスマホをみてしまいますが、スマホのブルーライトは強い光で、脳が昼間だと勘違いしてしまいます。そのせいで自分が気付かないうちに身体の体内時計が狂ってしまい、成長ホルモンが分泌されなくなり、肌のバリア機能が低下して乾燥肌になりやすくなります。

・就寝時間に注意

肌のターンオーバーを促しているのは成長ホルモンです。成長ホルモンの分泌が一番多いのは夜の22時から翌2時までです。秋の夜長、スマホやゲームなどをしてつい夜更かししてしまいがちですが、それは肌荒れの原因となってしまいます。この時間帯には美肌のためになるべく就寝するようしてください。

さて、ここからは就寝前に必要なスキンケア

入浴後は顔の水分が飛んで乾燥しやすい状態になります。入浴中は顔にもシャワーやお湯が当たっているため、お風呂上りに肌の水分は潤っていると思うかもしれませんが、実は水分が蒸発するときに顔の水分も一緒に蒸発しています。また、お風呂上がりは、体の温度が急激に下がるのでとても乾燥しやすい状態になっています。そのため、入浴後は出来るだけすぐに化粧水や保湿剤、乳液などで保湿をするようにしてください。

保湿の方法

・化粧水や保湿用のローションをたっぷりつける

化粧水は肌に潤いを与えますので、入浴後の乾燥した肌や寝る前の保湿に欠かせません。寝る前に行う保湿の最初に行う大切なものですので、必ず忘れずに化粧水または保湿用のローションをつけてください。

お風呂あがり、まず最初に化粧水です。てのひらに適量の化粧水を出します。(こぼれないように注意が必要です)。両手で顔全体に軽くパッティングをしてつけます。十分に肌に浸透させてください。

・次に乳液をつける

乳液は、化粧水を使って水分を肌に吸収させた後、乳液の膜で覆います。乳液や美容液は油分が含まれていて、水分が肌から蒸発するのを防いでくれます。化粧水で肌にたっぷり水分を与えて、乳液で保湿の仕上げをしてください。

化粧水で肌に水分を与えた後、適量を顔全体に塗ります。残った乳液で首筋やあごのラインまでしっかりとのばしてください。乾燥しやすいこの季節は、手や腕までしっかりとのばしてください。

・最後にナイトクリームを塗る

ナイトクリームは化粧水の後につけて、水分を保湿するものという点では乳液と似ています。乳液との違いは油分の量の違いで、ナイトクリームの方が、油分が多くしっかりと保湿したいときに使います。特に乾燥肌や、しわ、くすみが目立つ人にはおすすめです。また美容の成分が含まれているものも多くあります。用途によって使い分けてください。

注意点は、皮脂が多くオイリー肌の方やニキビの多い方は油分が多いナイトクリームは控えたほうが良いでしょう。ニキビ肌の方にはアクネ用の化粧品がお勧めです。

化粧水や美容液を塗った後に、最後にナイトクリームを少量取って顔に載せ、手のひらで伸ばします。力を入れずに顔全体に塗っていきます。

・ナイトマスクをする

ナイトマスクはスリーピングマスクとも言い、塗って寝ると肌に潤いやハリを与えてくれる便利グッズです。パックのように洗い流す必要がないのでスキンケアの時間短縮にもなりますので、時間のない方にはおすすめです。

少量を手に取り、目や口の周りは避けて顔全体から首もとにかけて伸ばし、やさしくマッサージしながら塗れば後は拭き取ったり、洗い流したりする必要はなく、そのまま就寝できます。

乾燥しやすい唇の保湿も忘れずに

唇は非常に薄いので、日中の紫外線や寒気でダメージを受けています。また、夜も乾燥している部屋で寝ていると、朝起きてひび割れていることがあります。そのため寝る前にしっかりと保湿ケアをしないとヒビが入ったり皮がむけたりします。夜用リップは塗った後に気にならない、無臭で無添加、刺激のないものがお勧めです。

最後に

疲れて帰ってきた後にスキンケアをすることは面倒だと思いますが、日中はスキンケアができないので、肌の保湿には寝る前のスキンケアがとても大切です。寝る前の数十分の保湿ケアで、年齢を重ねてもきれいな肌を保つことができますので、お手入れ頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA