脱毛とスキントラブルとスキンケア

脱毛とスキントラブルとスキンケア

肌荒れやニキビなどのスキントラブルで悩んだことはありませんか?今回は脱毛がなぜ肌トラブルやニキビに良いのかお伝えします。

ニキビについて

肌トラブルで、主にニキビは過剰な皮脂と毛穴周辺の角質、皮膚表面の雑菌などが原因で起こる毛穴周辺の炎症です。男性ホルモンは皮脂分泌を活性化させる働きがあるため、男性のニキビの原因はホルモンの影響が大きいのです。
そして何より、髭剃りは、お肌を物理的に刺激して、肌のバリア機能を破壊していることも、男性ならではのニキビの原因です。

脱毛によって肌を良い状態に保つことが出来る

毎日のひげ剃りではあまり感じられないかもしれませんが、髭が濃い人ほどカミソリやシェーバーでひげを処理するのは肌にダメージを与えることになります。カミソリやシェーバーの刃は肌の表面にある角質層を傷つけてしまい、肌荒れや肌トラブルを引き起こす可能性があります。また、カミソリ負けなどもなくなるので脱毛をすれば肌を傷つける心配がほぼ無くなります。
近年脱毛が一般的になることにより、ひげ剃りによる肌トラブルがなくなります。そのように脱毛はある意味、スキンケアにもなり肌のトラブルを無くします。また、人によっては、脱毛を行うことでニキビができにくくなる場合もあります。肌にムダ毛や産毛があることで、その部分に汚れや皮脂がたまり、細菌が増殖しやすくなってしまいます。そして肌の雑菌が増えてしまうと、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルのリスクが高まります。男性は特に髭周りのニキビに悩まれる方が多いのも、こういった原因があると考えられます。とはいえ、顔はデリケートな部分ですし、背中は目も手も届かないため、これらの部分の産毛を自分で完璧に処理するのは困難です。

肌の清潔感も保たれる

特にヒゲが濃い方は、朝シェーバーで処理しても夕方にはまたヒゲが目立ってしまいます。脱毛することにより、一日中清潔感が保たれ、ニキビなどの肌トラブルも少なくなります。ただし肌に合わない脱毛方法で施術してしまったりすると、思いもよらぬ肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
たとえば、施術部位が赤く腫れる、肌が極端に乾燥してヒリヒリしする、施術で傷ついた箇所や毛穴に細菌が入り炎症を起こすなどのトラブルが考えられます。しかし、これらのトラブルは施術前にしっかりと相談することや、施術後のアフターケアを丁寧に行うことで避けられる可能性が高いです。事前の相談と施術後の保湿やケアを怠らないようにすれば、肌荒れに悩む可能性は低くなり安心して脱毛が行なえます。
ヒゲ脱毛はヒゲを生えなくするものです。そのため、実際に施術を行ってみると、つるつるが似合わないと感じたり、髭をはやしたくなったりしたときに後悔してしまうというケースがあります。ヒゲを完全に無くす前にまずは施術の50%くらいを目標に脱毛を進めることが効果的です。多くの方は50%の段階でも清潔感や青ひげの改善、自己処理の軽減を感じ、満足して脱毛を完了することも多いと言われています。最初から完全な回数無制限の脱毛コースを選択するのではなく、まずは数回の脱毛コースを試してみるのはいかがでしょうか。

スキンケア

普段のスキンケアはどのようにされていますか?
洗顔からのひげ剃り、ひげ剃り後のローションという流れの方が多いようですが、脱毛後はこの工程の一番時間と手間のかかるひげ剃りが無くなります。ですので、洗顔後は化粧水またはローション、保湿用の乳液などをご使用いただくという流れになりますが、肌にとって一番の大敵は乾燥です。特に男性の場合は過剰な皮脂の分泌により肌がべたつきやすいので、皮脂を抑える化粧品を選択してください。脱毛後も肌のお手入れを十分にしていただくことにより、健康でトラブルのないキレイな肌の状態を保つことができます。
また洗顔の選び方も肌の状態に合わせてお選びください。ニキビができやすい方はアクネ用の洗顔や化粧水、乾燥しやすい方は潤いを保つ洗顔剤や化粧水を選んで頂くことにより、さらに肌のコンディションを整えることが出来ます。時々、パックや毛穴パックなどで毛穴のケアもしていただけると尚良いですね。脱毛と手入れにより健やかで美しい肌を手に入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA