敏感肌や乾燥肌の人が脱毛する時の注意点

肌への刺激に弱い敏感肌や乾燥肌は、普段のスキンケアアイテムを選ぶのも一苦労ですが、刺激の強い脱毛を受けても大丈夫なのでしょうか?
敏感肌や乾燥肌の場合、通常よりもさまざまなリスクが高まるため、脱毛の施術を断られる可能性もあります。ただし事前にそのリスクを知っていれば、敏感肌や乾燥肌の人もしっかり対策が取れます。そこで今回は、敏感肌や乾燥肌の方が脱毛をどのように受ければ良いのかをまとめました。

自己処理をする時は要注意!!

薄着の季節には、きれいな肌を保つためにもムダ毛はできるだけ処理しておきたいところですが、脱毛サロンには行かず自宅でカミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使って自己処理する方も少なくないと思います。
これらのアイテムを使うと安価で、自宅でも手軽にムダ毛の自己処理ができますが、敏感肌や乾燥肌の方について自己処理は注意が必要だと言えます。
そもそも、敏感肌や乾燥肌でなくても、肌に特にトラブルを抱えていないという方でも、自己処理をすると肌を傷つけてしまったりトラブルが起きやすいです。
まず、カミソリを使った自己処理は、 広範囲のムダ毛を一気に処理できますが、そのぶん肌を傷つけてしまう可能性があります。肌表面を傷つけると、ポツポツとした毛穴になったりします。毛抜きを使うと毛穴を無理やり広げながら毛を抜くため、毛穴に雑菌が入ってしまうおそれがあります。
そのため、ムダ毛を抜いたあとが炎症を起こしたり、膿んでしまう可能性もあります。どんなに気を付けても自己処理にはそれぞれリスクがあります。
特に敏感肌や乾燥肌の方が自己処理を行う時にはさらにリスクが高くなると言えるので要注意です。

肌トラブルが起こる原因は?

敏感肌や乾燥肌の方の場合は、水分量が十分な通常時の肌に比べて免疫が低下しており、外部からの刺激に弱くなります。そのため、脱毛の際に使用されるレーザーや光によるダメージも受けやすい状態です。通常時の肌も軽い赤みなどがでるケースがありますが、敏感肌や乾燥肌の場合は炎症ややけどなど、大きな肌トラブルに繋がるリスクもあり危険なため、脱毛を断られる可能性もあります。

脱毛時に痛みが出る

敏感肌や乾燥肌は外部からの刺激に敏感なため、通常であれば痛みを感じなかったり少ない痛みで済んだりする施術でも痛みを感じることがあります。
特に、通常時でも比較的痛みを感じやすいVIOなどの皮膚が薄い部位の脱毛では、肌が乾燥しているとより大きな痛みを引き起こす可能性があります。もともと痛みに弱かったり脱毛の痛みが不安な人は、乾燥肌のまま施術を受けることはおすすめできません。

照射のパワーを弱めると脱毛の効果が下がってしまう

敏感肌や乾燥肌の人が脱毛の施術を受ける場合は、肌トラブルや痛みの可能性を考慮して照射パワーの弱めます。そうすると通常よりも脱毛効果が下がってしまい、脱毛に通う期間を延長したり追加料金を払って続ける必要が出てくることもあります。乾燥肌のまま脱毛の施術を受けると脱毛のペースが遅くなるなど、効率が悪くなる恐れがあるでしょう。

敏感肌や乾燥肌の方の脱毛は「保湿」が大事!

十分な保湿をして肌の状態を整えることで、肌トラブルのリスクを減らすことができたり、脱毛効果を高めるなどの期待ができたりします。
もちろん、それぞれの肌に合ったケアをしなくてはなりませんが、保湿をすると大きなメリットが得られることは間違いありません。
脱毛の施述を受ける前後は勿論、日頃から保温を心がけましょう。

敏感肌には低刺激の保湿剤がおすすめ

敏感肌の方には添加物を省いた低刺激の保湿剤がおすすめです。
香料やアルコールフリーなど、敏感肌用の保湿剤にはこうした不要なものが入っていないことが特徴的です。さっぱりとした使い心地の良いものが多くあります。

乾燥肌には高保湿の保湿剤がおすすめ

乾燥肌の方には、潤った状態をできるだけ長くキープすることが出来る高保湿の保湿剤がおすすめです。水分はもちろん、適切な油分も肌に与えることで肌に補給した水分を逃さないようにする必要があります。ジェルタイプ、乳液タイプなど、水分と油分を両方補給できる保湿剤を使うと良いでしょう。

脱毛前後の保湿のポイント

脱毛前後は、顔や身体全身に念入りな保湿が大切です。まずは化粧水でたっぷり水分補給した後、乳液も塗りさらに油分を補給しましょう。顔にはパックをするのもおすすめです。水分が肌にしっかり浸透し、肌の潤いを保てます。
脱毛後は敏感肌用のクリームを使用し、肌トラブルを避けながら乾燥から肌を守りましょう。
他の部位に比べて肌が敏感なVIOの脱毛も施術前後の保湿ケアは必須です。
使用する保湿クリームもVIO専用のものや低刺激のものを選ぶようにしましょう。VIOは蒸れやすいため、クリームを多く塗布すると肌の炎症やかゆみを引き起こす可能性もありますので、脱毛前後のVIOの保湿では少量をこまめに塗るように気をつけましょう。

まとめ

敏感肌や乾燥肌の方でも乾燥肌の人が脱毛に通えないということではありません!脱毛前後には敏感肌用の化粧水や乳液・ボディクリームを使用し、しっかり保湿をすることで、肌トラブルを最小限にとどめ脱毛効果を感じることができます。乾燥肌が心配な人は、脱毛サロンやクリニックの事前カウンセリングで相談し、不安を取り除いておくようにしましょう。また日常生活から保温を意識して過ごせればより高い脱毛効果を実感出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA