自宅で誰でも簡単に脱毛が出来る方法

自宅で脱毛をする最大のメリットは、サロンやクリニックに通うよりも費用が圧倒的に安く抑えられ、自分の好きなタイミングで脱毛を行えることです。
やはり自己処理で脱毛をするというのはコスパが一番いいです。ただし、自己処理をする際にカミソリ負けで肌を傷つけてしまう事や、機械や薬で火傷や肌を傷めしてしまう事など、安全面に欠けるのが大きなデメリットだと言えます。
またカミソリやシェーパーで剃れる部分は毛先に近い部分だけですので処理のムラが生じやすく毛根自体は体に残ってしまうため、定期的に処理をしなければいけないので手間がかかります。やはり綺麗にムラなく安全に脱毛をするならサロンでの脱毛をお勧めをします。効果や安全性を理解したうえで正しく、自己処理は行いしましょう。では、自宅でできる脱毛方法についてご紹介します。

シェービング

今すぐに毛を無くしたい!と思ってる人におすすめなのはカミソリやシェーバーを使用するシェービングです。一番簡単に行える脱毛方法です。
メリットととしては、お手軽に広範囲での処理が行えて、すぐに効果が得られるため、急いで対応したい場合には有効です。
またサロンなどに通うよりもかなり費用を抑えることができます。
デメリットとしてはシェービングフォームなどを使用し丁寧に処理を行なわないと皮膚を傷つけてしまうことが挙げられます。また効果は2-3日程度です。すぐに毛が生えてきてしまうので定期的なメンテナンスが必要性にもなります。
シェーバーはVIOの専用タイプのシェーバーなどが肌にやさしく安心して使用できるかと思います。防水仕様でお風呂で使え、丸ごと洗えいが出来る便利なものがAmazonなどで安く購入出来るのでオススメです。

毛抜き、ピンセット

毛抜きやピンセットなどで毛根から毛を引き抜く方法です。
メリットととしては、この方法も気軽にすぐ効果が得られるため、急いで対応したい場合に有効です。また毛根から抜くため次の毛が生えてくるまでに2~3週間の長い期間がかかるのでキレイな状態を保つことができます。
デメリットととしては、引き抜く時に痛みをともなうこと、毛穴を傷めてしまう原因にもなってしまうこと、部位によっては処理する時間もかなりかかることなどがあげられます。毛抜きは毛を抜くことでキレイに処理できるので実際に行っている方も多いと思いますが肌に影響を与えてしまう点を考えるとなるべく避けたい自己処理法です。

除毛クリーム

脱毛クリームは、「ムダ毛を取り除くクリーム」のことです。このクリームには、ムダ毛の主成分であるたんぱく質を溶かす成分が配合されています。これをムダ毛が気になるところに塗って、しばらく置いて洗い流すと、ムラなくキレイに脱毛できるのです♪通販や薬局でも安く売られていて簡単に自己処理出来るのがメリットです。
ただし、終わったあとに肌が荒れたりすることもありますので敏感肌や乾燥肌の方、肌が弱い方には向いてません。また、脱毛クリームごとに使える部位が決まっていたり、VIOラインなど使用できない部分があったりします。これは配合成分が肌に刺激があるためです。使い方を間違えると、肌へのダメージが大きくなりますので注意が必要です。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器はさまざまな種類が販売されており、脱毛サロンのような光脱毛が自宅でできるものもあります。セルフで脱毛を行う場合、商品にもよりますが家庭用脱毛器が最も効果が高いです。家庭用脱毛器は光脱毛なので永久脱毛をすることはできませんが、こまめに処理することで太い毛をだんだんと細くしたり、ムダ毛の無いキレイな肌をキープしたりすることが出来ます。
最新のものは、VIOを含む全身に対応しているものもありますが値段は決して安くはないです。家庭用の脱毛器は悪くはないのですが、照射の力、スピード、1回で当てられる面積などは、やはりサロンでで使用するものとは大きな差があります。家庭用脱毛器は安いものではないので自分が使っていて面倒にならないか、機械が扱いやすいかなど、口コミや評判などをしっかりとリサーチしてから購入しましょう。

まとめ

今回は自宅で簡単に行える脱毛方法をご紹介しました。
自宅で行える脱毛は気軽に低予算で行えますが、どの方法にもメリット、デメリットがあります。脱毛を低予算コスパ良く行いたい方、サロンへ通うのが面倒な方、どうしても急いで対応したい時などは上記の方法を試してみるのもいいかもしれません♪背中やうなじ、VIOラインなどはご自身で処理することが難しく、自己処理を繰り返し行うことによる、お肌へのダメージも注意する必要がありますのでしっかりと脱毛の効果を出していきたい方は脱毛サロンやクリニックヘ行き、専門家の相談を受けながら自分に合った脱毛方法での施術することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA