肌を大切に守るため、脱毛時に気を付けたい注意点とは?

毎日の処理や肌の状態の心配から解き放たれて、ファッションやアクティビティを楽しむために脱毛を検討している方も多いのではないでしょうか。最近では低価格のサロンなども登場し、サロンやクリニックの脱毛は手が届きやすいものとなりました。しかし、健康状態や前日の準備によっては脱毛後に肌トラブルが発生したり、施術自体を断られてしまうというケースもあります。では、実際に脱毛を始めるにあたってどのようなことに気をつければいいのでしょうか。今回は脱毛の注意点についてご紹介します。

脱毛に行く前に注意しておくことは?

サロンやクリニックで脱毛を行う際は、その数日前からしっかりと準備しなければなりません。肌の状態によってはより痛みを感じてしまったり、トラブルに発展する可能性もあります。

事前の処理は必須!

脱毛サロンやクリニックでは、施術の前にあらかじめ自分で処理を行うように指示されることが多いと思います。では、どうして事前の処理が必要になるのでしょうか。それは、サロンやクリニックで行われている脱毛のシステムと関係があります。

レーザーや光は肌の中にある黒いメラニン色素に反応させ、熱を持たせることで発毛を抑える効果を持っています。毛が表面まで生えている場合レーザーや光が毛を通して肌の表面まで反応するため、ヤケドしてしまう可能性があるのです。また、毛の長さの分だけエネルギーが分散してしまい、十分な脱毛効果が出ない場合もあります。

事前処理をしなかった場合、サロンによっては施術を断られたり別料金がかかったりすることもあるようです。施術前の1〜2日前までには自分で処理をしっかりと行うようにしましょう。

自己処理を行うときの注意点

来店前に自己処理を行う場合にも注意点があります。先ほど説明した通り、レーザーや光脱毛は毛根にあるメラニン色素に向かって照射しています。毛抜きで処理をしてしまうと、その分熱が発生しにくくなり、脱毛効果が抑えられてしまうかもしれません。ワックスなども同じ理由で使用を控えたほうが良いでしょう。

できるだけ肌へのダメージを抑えられるよう、電気シェーバーなどを利用して処理を行うのがおすすめです。

日焼け止めと制汗剤には注意!

夏になると、出かける前には日焼け止めと制汗剤を欠かさずにつけているという方は多いでしょう。しかし、施術を行うクリニックやサロンに行く前には避けなければなりません。施術の際に塗るジェルの浸透が悪くなってしまったり、毛穴が詰まってレーザーや光の効果が出なかったりすることが考えられます。特に、ウォータープルーフのタイプなどサロンで落とすことが難しいものはつけていかないようにしましょう。

要注意!施術を行えないケースは?

体の状態によっては施術自体をお断りされてしまうというケースもあります。

では、施術が行えない人とはどのような方なのでしょうか。

妊娠中・授乳中の方

多くのサロンやクリニックでは妊娠中・授乳中の方の施術を行っていません。妊娠によってホルモンのバランスに変化が起こると、肌が敏感になってしまい、施術に痛みを伴ったり、後日トラブルになることも考えられるからです。また、施術中に同じ体制を続けることによって気分が悪くなることも考えられます。

脱毛に通っている間に妊娠がわかった場合は、すぐにサロンに相談するようにしましょう。妊娠・授乳期間は施術をストップできる休会制度があるかを確認し、利用することをおすすめします。

施術を再開できる目安はサロンやクリニックによっても異なりますが、出産・授乳を終えて生理が2〜3回ほど来てから通えることになるケースが多いようです。

薬を服用している方

さまざまな理由で薬を服用している方は、施術を行う前にかかりつけの医療機関に相談するようにしましょう。脱毛の施術と薬の服用は、あまり関係がないと考えている方が多いかもしれません。

しかし薬によっては、施術による肌へのダメージが普段より多くなってしまいトラブルに繋がることが予想されます。

薬を飲んでいる場合は施術可能かどうかをかかりつけ医に確認し、サロンでかも必ず申告するようにしましょう。市販薬の場合も同様です。

脱毛後に気をつけることは?

実際にサロンに行く前だけではなく、脱毛が終わった後も注意すべきことは多くあります。後々の肌トラブルへと繋がらないよう、注意点を事前に確認しておきましょう。

血行を促進させる行動は避ける

脱毛後は肌に熱がこもっている状態です。血行が良くなると、肌に赤みが出たり、ひりついてしまったりといったトラブルの原因になります。飲酒や激しい運動、当日の入浴は避けるようにしましょう。

またこれらの血行を良くする行動は、脱毛前も同様に避ける必要があります。

脱毛後の肌を大切に

施術直後の肌は非常にデリケートな状態となっています。さらに熱を肌に与えないためにも、日焼け止めをしっかり塗って紫外線をガードするようにしましょう。また、施術後の肌は乾燥し、荒れやすくなっています。いつも以上に保湿を入念に行い、きちんとしたケアを心がけるようにしましょう。

まとめ

脱毛を行う際には、サロンに通う前や施術が終わったあとにも気を付けるべき注意点が多くあります。どれも自分の肌をいたわり、安全に脱毛を行うために必要なことです。サロンやクリニックから事前に指導されたことは必ず守り、肌を大切にしながら脱毛をするようにしましょう。

妊娠中や薬の服用中など、体の状態によっては施術自体ができないケースもあります。サロンのスタッフや医師ともしっかりと情報共有を行い、必要があれば休会などのシステムを使うことも自分の体を守るためにも大切です。

脱毛をする際は気をつけるべき注意点をしっかりと守り、美しい肌を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA