脱毛の「痛み」はどれくらい?施術方法・部位による特徴を徹底解説

初めての脱毛で気になるのが、脱毛の痛み。夏に向けて脱毛に通いたいけど「痛くて続けられなかったらどうしよう」「痛みが怖くて挑戦できない」と不安を感じる人も多いのでは?個人差のある脱毛の痛みですが、施術方法によっては痛みを和らげながら脱毛することも可能です。

今回は脱毛の痛みについて、施術方法や部位による特徴を紹介します。少ない痛みで脱毛するコツも解説するので、脱毛したい部位の痛み具合が気になる人や脱毛の痛みが心配な人は、ぜひ参考にしてください。

医療脱毛と光脱毛の痛みとは

脱毛の痛みは、施術方法によっても大きく異なります。ここでは、医療脱毛と光脱毛の2つの施術方法による痛みの違いを紹介します。

医療脱毛の痛み

医療脱毛は、レーザーを肌に照射し毛根から焼きとる施術方法です。別名「医療レーザー」「レーザー脱毛」とも呼ばれています。強力なレーザーを使用するため、医療機関のみで施術が受けられるのが特徴です。

医療脱毛の最大の魅力は、短期間で永続的な脱毛効果が得られる点です。ただし、その分医療脱毛はレーザーの照射パワーが強いため、特に毛が濃く太い人や色素沈着がある人は痛みを感じやすくなります。パチッと弾けるような刺激や、ピリッとした深い痛みが特徴です。

医療脱毛の痛みを和らげるために、麻酔を使用することもできます。麻酔が使用できるのは、医療機関での施術となる医療脱毛ならではのメリットです。医療脱毛で、痛みを抑えつつ短期間で半永久的に脱毛をしたい場合は、麻酔の使用も検討してみてくださいね。

光脱毛の痛み

光脱毛は、写真のフラッシュのような光を複数回当てることで一時的に毛の成長を抑え、ゆっくりと毛を減らしていく施術方法です。エステサロンで施術が受けられ、別名「フラッシュ脱毛」とも呼ばれています。

医療脱毛とほぼ同じ施術方法ですが、光の照射パワーが弱いため、脱毛の痛みに不安がある人におすすめの施術方法です。光脱毛の痛みは、じんわり温かくなる程度や輪ゴムで弾かれたような小さな刺激程度とされ、比較的少ない痛みで脱毛ができます。

現在の脱毛技術のなかでは、最も痛みの少ない脱毛方法といわれていることから、脱毛デビューにも安心の施術方法です。光脱毛なら、痛みに耐えられず途中で断念するというケースは少ないので、「痛みで続けられなかったらどうしよう」といった心配もなく、気軽に脱毛を始められます。

人気の脱毛部位「ワキ」と「VIO」の脱毛の痛み

脱毛の痛みは、部位によっても異なります。ここでは、脱毛部位のなかでも特に痛みを感じやすいとされる「ワキ」と「VIO」の2つの部位の痛みについて解説します。なるべく少ない痛みで脱毛するコツも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ワキ脱毛

ワキ脱毛は毛の太さや密度にもよりますが、ほぼ全ての人が少なからず痛みを感じます。ワキは腕や脚などに比べて太く濃い毛が密集しておりメラニン色素が多いため、照射パワーを一気に吸収し痛みが発生しやすいのが特徴です。

そのため、ワキ脱毛をしたいけど痛みが不安という人は、最も痛みが少ないといわれる光脱毛を選ぶことをおすすめします。脱毛サロンによっては、肌をしっかり冷却してから施術するなどの痛み対策をしてくれるため、ワキ脱毛も比較的少ない痛みで行うことが可能です。

また、初回のワキ脱毛は痛みが強い一方で、2回目3回目と回数を重ねていくうちに毛が薄くなっていくため、徐々に痛みは感じにくくなります。

VIO脱毛

VIO脱毛もワキ脱毛と並び、痛みを感じやすい部位とされています。脱毛の痛みを感じる条件として「神経や血管が集中している部位」「皮膚が薄い部位」「毛が密集している部位」があります。VIOはこれらの3つの条件を持たしているため、他の脱毛部位と比べても特に痛みを感じやすい部位です。

なるべく少ない痛みでVIO脱毛をしたい人は光脱毛を選ぶだけでなく、施術のタイミングを意識することも重要です。

VIO脱毛の施術のタイミングとして、生理前後は避けましょう。ホルモンバランスが崩れ皮膚が敏感になっており、通常よりも痛みを感じやすいためです。生理後の1週間程度は、比較的痛みが和らぎやすく、トラブルも起きにくくなります。

また、体調不良時も身体の免疫力が下がり、皮膚が敏感になるため、脱毛のタイミングとしてはおすすめできません。体調不良の際は無理をしないことで、脱毛の痛みや肌トラブルを避けることができます。

まとめ

今回は、脱毛の施術方法と部位による痛みの違いや、より少ない痛みで脱毛をするコツについて紹介しました。脱毛の痛みが心配な人は光脱毛を選ぶことで、ワキやVIOなどの痛みを感じやすい部分も、比較的少ない痛みで脱毛することができます。医療脱毛で短期間に半永久的な脱毛をしたい人は、麻酔をしてもらうなどの痛み対策が可能です。脱毛の痛みについて少しでも不安がある場合はカウンセリングの際にしっかり伝えて、クリニックやサロンで施術時に行っている痛み対策などを相談するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA