脱毛と汗の関係性とは?脱毛部位ごとにご紹介!

夏は肌を露出する機会が自然と増えます。そこで、夏に向けて全身脱毛や部分脱毛などを検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、そこで気になるのが汗についてです。脱毛と汗の関係は以外にも深く結びついています。夏に始める脱毛について調べている方であれば「脱毛後に汗をかきやすくなってしまった…」というような感想を目にすることもあるのではないでしょうか。汗と脱毛の関係についてよく知らないまま、汗をかきやすい季節である夏に脱毛を始めると、せっかくムダ毛がなくなったのに汗で悩んでしまう可能性があります!

汗と脱毛の関係について知ろう

結論から言うと、脱毛をしたことで汗をかきやすくなるという現象は、人間のからだのしくみ的に起こり得ないことです。しかし、汗を書きやすくなったという感覚を覚えるのはなぜなのでしょうか。ここでは、汗をかきやすい部位ごとに、脱毛と汗の関係について説明します。

汗の基礎知識

人間の体温は個人差がありますが一般的には36度前後で保たれています。これは体内の細胞や器官を効率よく機能させるために適切な温度と言われています。ですので、体温が大きく上下してしまう状態になると、人間の体はいつもどおりの機能を果たせなくなってしまいます。風邪などで体調を崩したときに発熱に伴って腹痛や頭痛、だるさなどが生じるのはそのためです。通常の生活でそのような体温の大きな変化を防ぐために、私達人間の体は汗をかくことで、体を放熱させ、体温を一定に保つようになっているのです。そして、その汗は皮膚の中にあるエクリン腺とアポクリン腺という汗腺と呼ばれる腺でつくられます。エクリン腺は体温の変化に伴なって活動するところで、全身に分布しています。アポクリン腺は体温とは無関係に汗を放出するところで、ワキや耳の中、陰部などに分布しています。

わき

部分的な脱毛の中でも特に人気なのがワキの脱毛と言われています。しかし、汗のことが一番気になるのもワキです。汗腺が多く分布しているワキは汗をかきやすく、悪臭の原因になる雑菌などが繁殖しやすい部位です。また、個人差はありますがワキは女性男性問わず毛が生える事が多い部位です。毛がある状態で蒸れてしまい、汗が蒸発しにくくなることも雑菌の繁殖の原因として挙げられます。ワキを脱毛することで清潔さを維持し、匂いの原因となる雑菌の繁殖を抑えることができます。
しかし、脱毛によって汗をかきやすくなった、という声が一番大きい部位はワキです。ただし、最初にお話したように、脱毛によって汗をかきやすくなるということはありません。汗をかきやすくなったと感じる理由としては、単純に汗の流れが良くなったからということが考えられます。汗は毛穴の中にある汗腺(アポクリン腺やエクリン腺)から分泌されています。毛穴に毛が生えているときは汗は毛穴から毛に沿って流れていきますが、脱毛によって毛がなくなると汗が毛穴から出るときに障害物がなくなり、流れやすくなってしまい、汗を認識しやすくなったことで、汗をかきやすくなったと感じる方が多いのではないかと言われています。

脱毛というとワキや足、背中などの露出が多い部位を施術するイメージが強いかもしれませんが、顔の脱毛も主流になっています。男性ホルモンが比較的強めな女性などで眉や眉の間、鼻の下や口周りにムダ毛が気になっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。顔には以外にも無数の毛穴があります。鏡で自分の顔を近づいてよく見ると、小さな産毛がたくさん生えているのではないでしょうか。一つ前の項でもご紹介したとおり、毛穴には汗を放出する汗腺というものがあります。ワキや背中などの汗が気になりがちですが、顔の汗にも注意が必要です。汗は毛に沿って流れていきますが、汗にとって毛は障害物であるとも言えます。顔の毛穴から汗をかくと、産毛によって汗の流れが止まってしまい、汗が顔にとどまってしまいます。とどまった汗はファンデーションなどのメイクを浮かせてしまうため、夏場はメイクが崩れやすくなってしまうのです。顔の脱毛をすることで、汗が流れるのを助けることが出来るため、化粧が浮いてしまうのを防ぐことができ、メイクの崩れも防止できます。
しかし、中には人より多く汗をかいてしまう、多汗症の方もいらっしゃるかと思います。その中でも特に顔に汗をかきやすいという認識をお持ちの方は徹底的に脱毛を行って産毛を完全になくしてしまうと、汗の流れが良くなりすぎて逆にメイクの乗りが悪くなってしまう可能性があります。施術を行ってもらうサロンなどとよく相談しておきましょう。

背中

背中はワキと同様に脱毛の中でも特に人気がある部分のひとつです。ワキと比べて自分の手や目が届かない部分である背中は、脱毛サロンなどに通うことでムダ毛をなくすことができます。背中は人間の体の中でも特に汗をかきやすい部位と言われています。汗を分泌し放出するところである汗腺が背中にはたくさん分布しているからです。また、皮脂を分泌する皮脂腺も背中に集中して分布しています。背中は汗をかきやすいだけでなく、皮脂や角質の汚れなどが溜まりやすい部分なのです。そのような分泌物が毛穴や産毛に留まってしまうと、肌トラブルにつながってしまいます。背中を脱毛することは、そのような汗や角質の汚れが原因の肌トラブルを、起こりづらくすることができます。背中の産毛を脱毛することで、汚れがフッ着してしまう毛がなくなり、汗が留まって蒸れることが少なくなるからです。しかし、背中もワキと同じく脱毛後に汗の量が増えたと感じやすい部位だと言われています。背中の毛がなくなると流れやすくなった汗が服に直接触れるため、汗を吸いやすくなるのが理由の一つと言われています。施術が完了した後は制汗剤などを利用して快適に過ごせるように対策をするとよいでしょう。

まとめ

今回は脱毛と汗の関係についてご紹介しました。結論としては脱毛後に汗をかきやすくなるという感想が多く聞かれるのは、脱毛により毛がなくなったことで、汗の流れを遮るものがなくなり、汗を認識しやすくなったというのが大きな理由の一つです。ここで紹介したワキ、背中、顔は脱毛を行う部位の中でも特に汗をかきやすいため、これらの部位に脱毛を行う場合は脱毛したことによる汗の感じ方の変化や影響を事前に知っておくと、脱毛を気持ちよく行うことができるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA