脱毛による肌質の変化は?注意点も含めた3点を紹介

そろそろ夏季へ突入し始める時期ですが、脇汗やムダ毛処理等女性にとっては面倒なお手入れが増えてくるため、いまいち開放的に楽しめない方もいるでしょう。
例えば脇のムダ毛は蒸れに繋がるため、体質によっては異臭に繋がる可能性があります。それに加えて海水浴やプールへ遊びに行くときには細かい箇所までチェックしなければなりませんよね。
近年では、男性においてもショートパンツの流行等で脚を出すことも多く、多少なりとも体毛に気を遣わなければならない場面が増えてきたはずです。そこで対策として脱毛が挙げられますが、費用や危険性、肌質に関するお悩みを鑑みてあきらめている方もいるかもしれません。肌
今回は、脱毛処理をすることで肌荒れ等が生じないかやカミソリ処理をすることで起こりうること、肌質別に気を付けなければいけないことをご紹介します。

カミソリ処理による肌へのダメージ

脱毛処理をしない限り、毛根そのものへの働きかけはありません。そのため半永久的にカミソリやピンセット等でムダ毛の処理をしていくわけですが、それらによって肌へのダメージは非常大きくなり蓄積し続けていきます。
例えば、カミソリ処理は肌の潤いを保つために必要な角質をも削り落としていくため、極度の乾燥や肌荒れに繋がる場合があります。加えてカミソリによりできた微少な傷口から、最悪の場合は感染症に陥ることもあります。
極度の乾燥は肌質の急激な低下や老化へ繋がるため、毎回保湿作業を怠ってはいけないのです。
ここでは、カミソリ処理より脱毛をしたほうが肌へのダメージが少ない理由や、とくに注意するべき肌質の方へ、そのポイントをご紹介します。

脱毛により回避可能なこと

脱毛処理はカミソリ処理やピンセット処理とは違い、毛根そのものを破壊し消失させるため、一度処理が完了すれば半永久的にムダ毛の処理に困ることはありません。
そのため面倒な作業をする必要も無くなり、カミソリ等による肌の表層的な処理による肌質の悪化、ダメージも防ぐことができます。もちろんそれによる持続的な出費も減らすことができます。
しかも近年の脱毛技術は以前よりも格段にアップしているため、脱毛処理による痛みや肌荒れは限りなく無いと言えます。
加えて、専門家や医師による指導や対策により脱毛処理が進んでいくため、個々人にあった治療を進めることができます。
ですが、全ての人が脱毛の施術によって肌荒れが生じないわけではありません。敏感肌など、体質によっては気を付けなければならないことがあります。

アトピー肌・アレルギー体質の方は注意

脱毛技術が格段にアップしているとはいえ、どうしても体質によっては困難な場合があります。例えば、アトピー肌の方やアレルギー体質の人にはレーザー治療が厳しい場合があります。
アトピーがかなりひどい場合はレーザー脱毛により色素沈着などを引き起こす可能性もあるため、医師との相談、カウンセリングが必要になります。
無理に脱毛を行うのではなく、「肌を傷つけずに施術する方法はないか」「正しいケア方法はどんなものか」などを入念に相談しておくようにしましょう。

日光アレルギーの方も要注意

その他に日光のアレルギーがある方も、十分な注意が必要です。
レーザー脱毛は紫外線ではないため日光アレルギーの方でも可能な場合もありますが、色素沈着や痛みを回避するためにも、綿密に医師とのカウンセリングや相談が必要になってきます。
カウンセリングと相談により医師はそれぞれの肌質や体質にあった処理を考えるため、しっかりと相談をしなければ危険な場合があります。

敏感肌の方は医師に相談しよう

そもそも敏感肌で、少しの刺激で肌荒れになる方もいらっしゃいます。
そのような場合には安心な方法、危険性のない優しい脱毛方法、脱毛機を医師と相談することが重要です。心配な方は一度医師とのカウンセリングを行ってみましょう。
自分にあった治療をしてもらうことで、中長期的に考えたときのカミソリやピンセット処理による肌のダメージの蓄積をなくすことができます。

まとめ

今回は、とくに夏に気になる体毛処理を終わらせるために、脱毛処理の提案とそれによる肌質の影響についてまとめました。
脱毛処理をしない限り、半永久的にカミソリやピンセット、その他様々な対策をする必要があります。ですがこれらの処理方法では根本からの解決には至らず、肌荒れや極度の乾燥、傷口からの感染症等多くの問題が発生してしまいます。
そこでレーザー脱毛等の治療を行えば、ほぼ確実にムダ毛に対処することができます。加えて、近年の格段な技術力の向上により色素沈着や肌荒れ、痛みは最小限にまでおさえられます。
しかし、アトピー体質、アレルギー体質の方はレーザー脱毛が危険である場合があります。その際は、医師と綿密にカウンセリング、相談をして自分の体質にあった治療を考えてもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA