夏にむけて脱毛を考えている方へ!5つの方法をご紹介

夏になると体毛を気にしなければいけない場面が増えてきます。
たとえば脇毛を処理しなければ肌と肌の間で蒸れて悪臭につながることもあるでしょう。
最近でショートパンツの流行などにより、女性だけでなく男性も体毛の処理をすることが多くなっています。男女ともに脱毛に興味がある人は多いのではないでしょうか。
そこで脱毛を始めいと考えている方にむけて、5つのの脱毛方法をご紹介します。
脱毛には自宅で手軽に行えるものから医師との相談が必要なものまで様々な種類がありますが、どの脱毛方法が適切で効果的なのかは体質ごとに違います。事前に脱毛方法の特徴について入念に調べて注意して処理や施術を行わなければ、肌トラブルなどの危険を伴いかねません。適切な脱毛方法を見つけるための参考にしてください。

自宅で行うのか通院するのか

様々な種類の脱毛方法をここでは大きく分けて、自宅で行える脱毛とクリニックやサロンに通って行う脱毛に分けてご紹介します。

自宅で行う脱毛

自宅で行う脱毛のほとんどは脱毛にかかる費用を安く抑えられることに加え、手軽に脱毛処理を行うことができます。ただし手軽だからといって油断は禁物です。体質や肌質に合わせた方法を選択し、丁寧に処理を行うことが重要です。

カミソリ処理

今回ご紹介する脱毛方法の中で最も一般的で最も手軽にムダ毛を処理することができます。器具の調達も比較的容易で、入浴などのついでに行うことができるため、ムダ毛が少し気になる程度の方におすすめできる脱毛方法です。
ただし、毛根そのものの除去ではないため体質によっては黒ずみや色素沈着につながる可能性があります。
場合によっては、細かい切り傷から感染症を引き起こす場合もあります。事後の消毒や保湿を怠らないことに加え、逆剃りや順剃りを部位によって使い分けるなど、正しく処理を行うことが大切です。

脱毛テープ

カミソリでの処理と同様に脱毛テープでの脱毛も一般的なな処理方法です。ただし、毛根を除去して脱毛するという点がカミソリとは違います。
毛根を除去するためより綺麗に脱毛できることに加えて、カミソリよりも少ない処理回数で脱毛できます。ただし、、テープに体毛をくっつけて剥がしとる方法のため、痛みは比較的大きくなります。
極度の乾燥や肌荒れを避けるためには事後の保湿が欠かせません。
費用は比較的安く抑えられるため、そこまで深く体毛に悩んでいないが、黒ずみのないキレイな肌を保ちたい方におすすめできる脱毛方法です。

脱毛クリーム

脱毛クリームでの脱毛もも毛根を除去して脱毛する方法です。脱毛したい部分にクリームを塗りあとは待つだけで毛根が溶けてムダ毛を洗い流せます。
手軽に処理できる点はカミソリや脱毛テープと同様ですが、脱毛クリームの特徴は処理する際の痛みがない点です。
しかし、毛根を溶かすほどの強い効能のあるクリームを使用するため、肌は少なからずダメージを受けます。敏感肌の場合は極度の肌荒れや色素沈着になる可能性があります。用法用量を守って丁寧に使用しましょう。

家庭用脱毛機

家庭用脱毛機にはフラッシュ式とレーザー式があります。どちらの方式も自宅で行う脱毛処理としては最も効果の高いものです。
脱毛したい部位に脱毛機でフラッシュまたはレーザーを照射するだけで脱毛ができるため、手間も比較的少なくなります。
ただし、機械によっては効果が薄かったり、肌トラブルや痛みを伴うことがあります。
また、毛根を刺激して脱毛を行うため、肌質や体質に合っていない脱毛機を選んでしまうと色素沈着などのトラブルにつながります。脱毛効果が高いほど脱毛機の価格も高くなる傾向にありますが、高価だからといって安全とは限りません。自分の体質や肌質に合った脱毛機を使用し、事後処理を怠らいないことが大切です。

クリニックやサロンに通う脱毛

クリニックやサロンに通う脱毛は自宅で行う脱毛よりも高い脱毛効果が期待できます。また、医師と脱毛の施術について相談できるため、自分だけで行う脱毛処理よりも安心です。ただし、必要な費用や時間はその分大きくなる傾向があります。

レーザー脱毛(医療脱毛)

レーザー脱毛は実際にサロンやクリニックへ赴き、医療として行う脱毛方法です。
家庭用脱毛機と同様にレーザーを肌に照射して体毛を除去する方法ですが、家庭用脱毛機と異なり永久脱毛できるのが特徴です。施術が完了すれば半永久的に体毛が生えてこないため、特に体毛について深刻に悩んでいる方におすすめです。
しかし、ここでご紹介した他の方法よりも費用がかかります。また、施術にかかる時間や通院のための労力も必要です。
さらに、医療として施術を行うとはいえ誰でも施術が可能なわけではありません。
例えば、アトピー体質やアレルギー体質の方はレーザー脱毛を行うことが危険な場合があり、施術を行えないことがあります。特殊な体質でなくても敏感肌の方は肌荒れにつながる場合があります。事前に行われる担当医師とのカウンセリングを怠らないことが大切です。

まとめ

ここでは5つの基本的な脱毛方法をご紹介しました。自宅で簡単に行える方法からクリニックに通院して施術を行う方法など、脱毛と一口に言っても方法は様々です。。
それぞれの方法に特徴やメリット・デメリットが存在します。、適切な脱毛方法を選ぶためには、自分の体質と肌質および脱毛にかけられる費用や時間を考慮することが大切です。
なぜなら、体質ごとに適切な処理方法は異なるからです。
自分にあった適切な処理方法を選ぶことでトラブルのリスクを軽減することができます。ただし、どの方法を選択しても体に刺激を与えることには変わりません。適切な脱毛方法を選んだ上で事後処理や事前の準備を入念に行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA