脱毛をするなら冬がおすすめ!その理由と注意点は?

脱毛は日ごろの手入れが楽になったり、水着や下着のラインがきれいに見えたりするので、おすすめですが脱毛を一年の季節のうち、いつにするとよいのかご存じでしょうか。
実は脱毛にはおすすめできる時期とできない時期があります。今回はそんな脱毛の時期や注意点について解説していきます。

脱毛は夏より冬がおすすめ

脱毛といえば、肌を露出する夏の直前にしたほうがいいというイメージを持っている人はいませんか?
それは間違いで、実は脱毛を行うのは夏より冬のほうがおすすめです。夏に脱毛してしまうと、肌がきれいにならなかったり、そもそも脱毛できなかったりする可能性があります。その理由を説明します。
まだ間に合う夏に向けた脱毛サロンを見る

脱毛を冬にするのが良い理由

紫外線が少ない

脱毛後は肌がとてもデリケートになっているので、肌へのダメージをできるだけ少なくしたいところです。
紫外線が多い時期は春から夏にかけて(4月~9月)なので、紫外線の少ない時期である冬(10月~2月)あたりに脱毛を行うのがおすすめです。
紫外線が強いと日焼けしている状態になるため、脱毛をする際に肌にダメージを受けやすくなり、皮膚が赤くなったり、人によってはヒリヒリしたり、脱毛中に必要以上の痛みを感じやすくなります。そのため、紫外線が少ない冬に脱毛を行いましょう。

夏に肌を露出するからこそ冬に行う

脱毛は一回行って終わりではありません。何回か行うことによって毛が少しずつ生えなくなっていき、長い期間を経て肌がつるつるになっていきます。
また、肌のターンオーバーと同じく、毛にも生えてくる周期があります。

毛周期とは?

毛というのは、「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」の3段階に分かれて、繰り返し生え変わっています。これを毛周期と呼びます。

・成長期
初期と後期に分かれています。毛乳頭が太く、脱毛するベストな状態

・退行期
メラニン色素が薄くなってきているので、基本的には脱毛は行いません

・休止期
毛乳頭が抜け落ちてメラニン色素がないため、脱毛はできません。

基本的に脱毛を行うことができるのは、「成長期」です。この時期は毛乳頭と呼ばれる毛の最深部が太く根付いていて、レーザー脱毛や光脱毛の肝となる「メラニン色素」が認識されやすいためです。基本的には、この成長期の状態を見計らって脱毛を行います。

次に各脱毛部位の毛周期のサイクルと生えなくなってくる寿命の表がこちらです。

・脱毛部位
・毛周期(サイクル)
・毛周期の寿命(永久脱毛)

・ワキ
・2~3か月
・1年~2年6か月

・ヒゲ、顔のうぶ毛
・1~2か月
・6か月~1年6か月

・VIO
・1~2か月
・1~2年

・腕、足などの四肢
・1~2か月
・6か月~1年6か月

毛周期のサイクルは大体1か月~3か月の間なので、効率の良い脱毛を行うには、1回目の施術から約2か月おきに脱毛を行います。完全に脱毛できるまで(永久脱毛まで)は最長で約2年半もかかります。

しかし、大体4~5回ほど施術を行ってくると、毛はほとんど見えなくなってくるので、肌の露出が増える夏の時期(7月)から約8か月前を考えたときに冬(11月ごろ)から脱毛を行うと効率良く脱毛を行うことができます。
いざ脱毛を行おうと決めたときに、脱毛部位が「退行期」や「休止期」であった場合、脱毛することができないので、夏の時期に分かったところで手遅れになってしまうので、冬の時期から脱毛することを考えておきましょう。

予約が取りやすい

脱毛を行うのは冬がいいのですが、まだ夏が近くなる時期に予約をする人が多いです。確かに普段から脱毛をしている人は夏に差し掛かっても問題ありませんが、脱毛を始めたばかりの人でも夏に近づき、焦りから脱毛予約をします。
そのため冬に近い時期は夏に比べて予約が取りやすく、効率よく脱毛することができます。

冬に脱毛をするときの注意点

脱毛は冬にしたほうが良いのですが、冬に脱毛する場合に、注意するべきことがいくつかあります。事前に防げるので、注意して施術をしましょう、

体調管理の注意

冬は乾燥していて風邪など体調を崩しやすい時期です。風邪を引いてしまって熱が出てしまうと脱毛をすることはできません。脱毛は毛周期を確認しながら行うので、決まったペースに脱毛をすることが「つるつる肌」になるポイントです。そのため、本来行いたい時期に体調を崩してしまって脱毛ができなくなるのはもったいないです。
また、睡眠不足や栄養バランスの低下は毛周期のサイクルがずれてしまったり、うまく毛が伸びてくれなかったりすることがあります。肌の調子を整えることが毛周期を整えることにつながります

予防接種の時期を考える

冬はインフルエンザが蔓延するので、予防接種をする人は多いですよね。経験がある方はわかると思いますが、予防接種は微量のウイルスを体内に入れるため、体内はインフルエンザに感染した状態になります。注射の箇所も熱を持ちますし、脱毛のライトがどんな影響を及ぼすかわかりませんので、一定期間後に行うように指示するエステが多いです。大体予防接種をしてから1~2週間後にしましょう。

いつも以上に保湿を心掛ける

冬は肌が乾燥しやすいので、保湿が大切です。乾燥肌は肌の状態がよくないので、施術をすると肌を痛める恐れがあります。そのため脱毛を考えている人は普段行っている以上に保湿をするようにしてください。部屋の加湿はもちろんですが、お風呂上がりの化粧水や保湿クリーム、収れん化粧品などを使って乾燥肌を防ぎます。
元々乾燥肌の人は脱毛を考える1か月前から保湿ケアを念入りに始めるようにしてください。

脱毛当日お風呂に入るのはNG

脱毛をした後、肌は熱を持っている状態なので、肌に熱や刺激を与えることは避けるべきです。そのため当日はお風呂に入るのは避けて、シャワーなどにしましょう。冬は寒い時期なので、普段から長風呂をしている人は要注意です。他にも日焼けサロンやサウナ、岩盤浴なども肌に熱を加えてしまうので、控えるようにしてください。しかし、お風呂であれば2日後からは入っても問題ありません。

お酒を飲む日は脱毛を控える

冬は忘年会や新年会など、飲み会をするイベントが多いです。脱毛をした後は皮膚が敏感になっていて、刺激に弱くなっているので、アルコールを摂取すると、アルコールの分解過程で体が熱くなり、皮膚が赤くなります。肌に悪い影響が出てしまうことがあります。
飲み会がある日は脱毛をするのは控えましょう。

まとめ

少しでも自分で処理をする手間を省いて、露出する夏までに肌をつるつるにできたら幸せですよね。1回でも脱毛をすると、次に生えてくる2回目以降はムダ毛の量が段違いに減ります。また、脱毛サロンに通うたびにケアを行ってくれるので、肌をきれいに保つことができます。しかし、ダイエットと同じく、夏が近づいてきてから急に脱毛をしようと思っても間に合わないことが多いです。脱毛は長期戦なので、しっかりとスケジュールを組んで効率の良い脱毛をしましょう!
また、脱毛は毛の量が人それぞれ違うため、コースメニューにして余分にお金を払うより、一回ごとの施術(都度払い)がおすすめです。1回目はVIOをして毛周期の間にワキなどの他の部位を脱毛するように自由に行うことができます。
他にもくすみやシミを改善するフェイシャルケアなどもありますので、一度相談してみてはいかがでしょうか?
カウンセリング当日に脱毛できる都度払いサロンを見てみる