化粧水と乳液の違いと効果は?正しい使い方をマスターしよう!

肌につけるときに化粧水と乳液の違いがよくわかっておらす、肌を保湿できそうだからという理由で適当につけていませんか?化粧水と乳液は成分や肌への作用が異なりますので、今回は化粧水と乳液の違いと、それぞれの使い方を説明します。

化粧水の後にと乳液を使う

この2つは使い方がだいぶ異なります。基本的には化粧水を使った後に乳液を使います。
それぞれの役割はこちらです。

化粧水

スキンケアを効果的にするためのもの。肌に水分を与えて保湿をする

乳液

肌への保湿を高めるもので、化粧水で肌に水分を与えた後に油分でふたをし、蒸発するのを防ぐ

化粧水はスキンケアの準備の役目

化粧水は製品にもよりますが、成分の約7割~8割が水で出来ています。残りの成分に保湿剤が含まれています。化粧水の役割は「肌に水分を与え、整えること」です。化粧水には保湿成分が含まれているので、塗った直後は肌に潤いがありますが、少し時間がたつと蒸発してしまいます。化粧水を使った後に、乳液など他の化粧品と併用することによって保湿を高めるという効果を発揮します。

化粧水の種類

化粧水は成分や使い方によっていろいろな種類があります。自分に合った化粧水を使いましょう。

1:保湿化粧水・柔軟化粧水

一般的な化粧水がこちらです。洗顔後にすぐに使う化粧水で肌に水分を与えて、美容液を浸透して、保湿をしてくれます。肌の状態を整えてくれる役目があります。

2:美白化粧水

美白化粧水は美白成分が入っている化粧水です。美白成分はメラニンが作られるのを防いでシミやそばかすを防ぐ機能があります。(※あくまで防ぐもので、消す機能はありません)外出が多く、日焼けしやすい人におすすめです。

3:収れん化粧品

収れん化粧品は収れん作用(血管を締める)によって皮膚を引き締める成分が含まれている化粧品です。毎日使うというわけではなく、角栓をしっかりとる洗顔を行ったとに毛穴を引き締めるときに使います。

4:ふき取り化粧水

ふき取り化粧水は不要な角質や毛穴の汚れをふき取りながら落としてくれる化粧水です。例えばメイクがクレンジングなどで落としきれなかった場合に便利です。

5:ニキビ用化粧水

体が疲れていたり、栄養が偏っているとできてしまうニキビ。そんなニキビを殺菌する効果があるのがニキビ用化粧水です。

6:導入化粧水

導入化粧水は化粧水を使う前に使ういわば「プレ化粧水」です。後からつける化粧水の浸透を補助する役割を果たしています。

肌の性質によって化粧水を変える

化粧水は一般的な保湿化粧水を使っていればよいのですが、肌の性質によって化粧水を変えると肌を改善することがあります。

1:乾燥肌の人

化粧水は肌の保湿をするものなので、乾燥肌の人には特におすすめですが、中でもアミノ酸やセラミドが含まれている化粧水を選びましょう。

2:肌荒れが多い人

肌荒れが多い人は「無添加」の化粧水を使うようにしましょう。無添加化粧水はアルコールなどが含まれていないので、肌への刺激が少なくて済みます。オーガニック化粧水などがおすすめです。

化粧水の良い使い方

化粧水は値段の割に量が多く、たくさん手に取って「しゃばしゃば」と顔に塗りがちですが、そのようにするのではなく、次の方法で行うと効率が良いです。

手で行う場合

① てのひらに500円ほどの大きさまで化粧水を溜めます(滑らかなのでこぼれないように注意してください)。
② もう片方の手でやさしく押さえて体温で温めます。
③ 両手でお皿を作り、顔を埋めるように顔全体になじませます。
④ 大体10秒~15秒ほど体温を感じながら押さえます。(その際に指などで隙間にも化粧水をつけてください)
⑤ 量が少なく、すぐに乾いてしまうようであれば、もう一度同じ工程を行ってください。

※コットンで行う場合※

① 厚手のコットンを用意して全体に化粧水を十分になじませます。
② おでこ、鼻、アゴ(Tライン)からトントンとタッピングしながら押さえます
③ 頬やほかの部位も同じく抑えていきます。
④ パックをする場合は、化粧水を含ませたコットン薄くなるように割きます。
⑤ 数枚に分かれたコットンを顔にやさしく貼り付けます。(垂れないように注意してください)
⑥ 長時間放置せず、2~3分程度ではがしてください。(化粧水は蒸発が速いので、あまり放置をすると肌の水分も一緒に蒸発してしまいます。)

乳液は肌の保湿の役目

洗顔の後乾いた肌に化粧水で水分を与えるのですが、そのまま放置しているとすぐに蒸発してしまいます。そこで乳液の役目です。乳液は化粧水と異なり、水分だけでなく1~3割ほど油分が含まれているので、この油分が肌の表面を覆って、化粧水で浸透させた水分を逃がさない役目を担っています。
化粧水で肌にたっぷり水分を与えて、乳液で保湿の仕上げをするようにしましょう。
乳液はこのような役目を持っているため、化粧水の後に使うのが一般的ですが、市販では様々な乳液が販売されており、後述しますが、化粧の下地(ティント系の乳液)を作ったり、日焼け防止のUVカット(UV系乳液)ができたりするので、購入前に自分の生活スタイルに合った乳液を使い分けていきましょう。

乳液の種類

1:保湿乳液

油分と水分が良いバランスで合わさった基本的な乳液です。
何も書いてない「乳液」を指すのはこの保湿乳液がほとんどです。お風呂上りに化粧水で水分を肌になじませた後に使います。寝る前に使うのがおすすめです。

2:UV乳液

保湿乳液に「UVカット」成分が含まれている日中に使える乳液です。紫外線を防ぐことによってシミやそばかすの原因であるメラニン色素の生成を防ぐことができるので、日差しが強い外出の前に使うと効果的です。

3:ティント乳液

保湿乳液に加えて「化粧下地」としても使うことができる乳液です。このティント乳液1本で保湿と化粧の下地もできるので、時間がない朝などにおすすめです。化粧水を使った後、このティント乳液を使えばすぐにファンデーションを乗せてメイクをすることができます。

肌タイプによって乳液を変える

乳液にも肌に合う、合わないものがあります。自分の肌タイプに合わせて乳液を使いましょう。

油分が多い(テカリが気になる人)

油分が多い人は皮脂が多いため、油分が少なめの乳液を選びましょう。油分が少ない乳液は比較的さらさらしていて、化粧品に近いものが多いです。塗ったときにべたべたしないのが特徴です。乳液の中にビタミンCやクエン酸など毛穴を引き締める効果のある成分が含まれていると皮脂の分泌を抑えることができます。

肌がかさかさ(乾燥肌)の人

乾燥肌の人は、乳液にしっかり保湿成分が含まれているかを確認します。乾燥肌の人は日ごろから保湿が足りていないので、化粧水の使い方が間違っている場合もあります。かさつきが気になる場合は、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが多く含まれている乳液を使いましょう。

乳液の使い方

乳液は化粧水や美容液が肌によくなじんだ後に使います。顔の中でも油分が多いところと少ないところがあるので、塗り方も気を付けましょう。

① 厚手のコットンの500円ほどの大きさ分乳液を出します
② コットンを折りたたんで乳液をよくなじませます。
③ 塗りやすいように中指の腹の部分をコットンの真ん中に置き、薬指を人差し指で挟みます。
④ まずは油分の多い鼻、おでこにやさしくつけて、弧を描くように撫でます。
⑤ 他の部位にもなじませます。(その際には内側から外側に逃がすように塗っていきます。)
⑥ 残った乳液で首筋やあごのラインまで塗っていくと乳液を無駄遣いせずに済みます。

まとめ

いかがでしょうか?今回は化粧水と乳液の違い、それぞれの使い方をご紹介しました。おさらいですが、化粧水は肌に水分を与え、その水分を逃がさないように乳液でふたをするイメージです。化粧水と乳液の間に美容液などを使用する場合もあるので、正しいスキンケアを心がけて、もっちり肌を目指しましょう!