【VIO】気になるデリケートゾーンの脱毛に迫る!

女性にとって、ムダ毛の問題はとても大きなものです。多くの女性がしていると思われるこのムダ毛の処理ですが、ツルツルのお肌を維持していくためには、定期的に行わなければなりません。そう考えると、これは意外と大変なものです。
こうした手間と時間を省くために、脱毛を行う女性は非常に多いといえます。そこで気になるのは”どの部位を脱毛しているのか”ということでしょう。全身脱毛をしている女性は少なく、ほとんどの場合、部分的に脱毛を行っています。一般的なのは、「ワキ」「腕」「脚」ですが、これ以外ではデリケートゾーンの脱毛を行う女性が実は多いのです。
そこで今回は、聞きたくてもなかなか聞けない『デリケートゾーンの脱毛』についてお話ししたいと思います。

VIO (デリケートゾーン) とは?

デリケートゾーンの脱毛についてお話する際、必ず出てくるのは「VIO」という言葉です。このVIOとは、いわゆるデリケートゾーンの別称です。
「Vライン (ビキニライン) 」「Iライン (陰部の両側) 」「Oライン (肛門まわり) 」のことを指しています。

日本のアンダーヘア事情

それでは、前出の「VIO」、この脱毛について解説していきたいと思います。

「Vライン」

ビキニや下着を穿いたとき、アンダーヘアがはみ出ないように処理をします。

「Iライン」

これは陰部の両側 (脚の付け根部分) の脱毛となるわけですが、それにより匂いだけでなく、
生理中のムレやかぶれが軽減されます。また、雑菌の繁殖を抑える効果にも期待ができます。

「Oライン」

Iラインと一緒に脱毛することで、デリケートゾーンがより衛生的となります。デリケートな部分であるために自己処理してしまいがちですが、それが不適切であると黒ずみや炎症を引き起こすことにもなってしまいます。
デリケートな部分であるからこそ、自己処理はせずに専門家による脱毛を行いましょう。

日本では、VIOの脱毛は冒頭に挙げた「ワキ」「腕」「脚」に優先され、どこか後回しにされている印象です。それに対して海外では、VIOの脱毛を行っている人が圧倒的に多いといわれています。特にアメリカでは、ハイジニーナ (アンダーヘアがまったくないスタイル) が当たり前というほどに、VIOの脱毛が定着しています。
このように、海外ではVIOの脱毛が当たり前となっていますが、これは”デリケートゾーンの脱毛はエチケットである”とされているという背景があります。 日本人には「ワキ」「腕」「脚」などの、いわゆる”みえる部位”を優先するという傾向があります。

デリケートゾーンの脱毛

クリニックや脱毛サロンでVIO (デリケートゾーン) の脱毛を行う際、気になるのはその費用や期間かと思います。

クリニックや脱毛サロン、脱毛の種類などによってその料金は異なりますが、脱毛の主流であるレーザー脱毛の場合、「5~10万円が相場」であるといわれています。尚、VIO脱毛に必要な回数・期間の目安は以下の通りです。

「効果を感じはじめる回数・期間」
1~3回、約6か月

「毛が薄くなったと感じる回数・期間」
3~5回、約1年

「ハイジニーナになるための回数・期間」
6回以上、約1年半

アンダーヘアのさまざまなカタチ

デリケートゾーンの脱毛を楽しむために、さまざまなアンダーヘアのカタチをご紹介します。せっかく脱毛して整えるのですから、どうせならそのカタチを楽しみましょう。

逆三角形

スタンダードなスタイルであり、脱毛の際にもっとも選ばれるカタチです。

スクエア型

処理範囲が広いので、すっきりとした印象となります。下着や水着からはみ出しにくいため、人気の高いスタイルとなっています。

ハイジニーナ

日本では海外ほどではありませんが、アンダーヘアをすべて処理するこのスタイルを選ぶ人は比較的多くいます。
このスタイルの最大のメリットは、やはり衛生面に優れていることです。
また、ハイジニーナを好む男性が多いこともあり、男性ウケを狙ってこのスタイルを選ぶ女性もいます。

I (アイ) 型

アンダーヘアのそのカタチがアルファベットの”アイ”のようであることから名付けられました。
かなり思い切ったカタチなので、これを選ぶ人はあまりいません。大胆な印象を与える、どこかセクシーなスタイルです。

終わりに

デリケートゾーンのお手入れをしていない人は珍しくありませんが、衛生面ということを考えると、女性は特に脱毛をした方がよさそうです。
先にお話した通り、海外ではデリケートゾーンの脱毛はエチケットとされ、ごく当たり前のこととなっています。私たちに日本人にとっても、デリケートゾーンの脱毛がより身近になる日は近いでしょう。
『デリケートゾーンの脱毛』、あなたも衛生的に保ちながら、みえないオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA