肌が綺麗な男性とは距離が近くなる

年齢を重ねると、顔のたるみ、シワ、そしてシミなど、全て加齢に伴う肌の変化の影響が出始めます。これらの老化現象は、実は20代から始まっています。若いうちはケアしなくても肌の違いが出にくいですが、加齢に伴い、毎日のスキンケアの積み重ねが、ケアしていない人と“差”を生みます。これは男女に共通していえることです。
「ビジネスシーンで会った男性のどこをチェックするか?」という問いに対し「肌」と答えた人は、全体の48.5%。(資生堂の調査)「肌が綺麗な人とは距離が近くなる?」という問いに対しYESと答えた人は全体の70%。「触ってみたくなる。」というイメージも上位。(マンダムの調査)

女性が気を使っている場所だからこそ男性もみられる部分であり、ビジネスでも恋愛でも、きれいな肌は清潔感と若々しさを印象付ける重要なポイントになっています。

オススメはオーガニックコスメ

敏感肌に乾燥肌、混合肌、と、肌質は人それぞれですが、男性の方が実は肌が弱いと言われています。日焼け止めやスキンケア、化粧をする女性と違い、男性は特に何か肌をカバーするものが多いわけではないのと、シェービングで毎日肌に負担が。直射日光も受けるので、肌への刺激や頭皮への負担は女性よりも多いとされています。オーガニックコスメは、肌に優しく柔らかで刺激が少ないものが多いので、肌への負担が日常的に多い男性にもおすすめです。

・KOTOSHINA(コトシナ)

日本、京都発のオーガニックスキンケアコスメブランド。柔らかなグリーンティーの香りが特徴的で、その成分や工程においても、フランスの謹呈機関から認定をもらったほど、正統派オーガニックブランド。

・john masters organics(ジョンマスターオーガニック)

自然を敬う人々の思いがたくさん込められているこちらのブランドは、独自に厳しい基準を設け、赤ちゃんから大人まで安心して使えるプロダクトを生み出しています。そのファン層は年齢や国籍、性別に関わらず世界中に広がっています。「頭皮×毛髪」のエイジングケアが組み合わさったトライアルキット、リップクリームやUVカットクリームも人気です。

・Aēsop(イソップ)

1987年に、オーストラリアのメルボルンで誕生した自然派コスメブランドです。ブランド名は、「嘘・偽りがないブランド」ということで、イソップ童話から由来しているそう。スキンケア、ヘアケア、ボディケアなど、素材と香りにこだわったて作られた上質なアイテムが揃います。一切の無駄を削ぎ落としたシンプルなパッケージデザインも、インテリアとしても楽しめるほどハイセンスで人気。シェービングクリームと、髭剃り後の肌を落ち着かせるためのローションが一緒になった「シェービング デュエット」もおすすめ。

・WELEDA(ヴェレダ)

スイス発祥のオーガニックブランドです。刺激が少なく安心して使えるスキンケア製品がたくさんありますが、シェービングローションやクリームも揃っています。
そして一押しなのが日焼け止め「エーデルワイスUVプロテクト」です。日焼け止めは刺激が強いものやつけ心地が重いものも多いですが、こちらは生後1カ月の赤ちゃんにも使えます。つけ心地もサラサラしていて伸びもよく、植物エキスが乾燥などのダメージを受けた肌を潤しキメを整えるスキンケア効果も兼ね備えているという優れものです。

まずはトライアルキットから

基本的のスキンケアは3つ。①肌を清潔にする(洗顔)②乾燥を防ぐ(保湿)③紫外線を避ける(UV対策)この基本的なケアをしっかり行うだけで、綺麗な肌は維持できますし、ダメージを受けた肌も改善できます。日焼け止めを日常的に使用している男性は案外少ないと思いますが、老化の約80%が紫外線による影響といわれています。夏以外も外出時は、日焼け止めを積極的に利用しましょう。日焼け止めの数値としては、普段は、PA++/SPF20程度のもの、海や野外へ出かける際は、PA++++/SPF50が理想です。スキンケア、できることから取り入れてみてはいかがでしょうか?今回ご紹介したブランド以外にも、たくさんのオーガニック製品が販売されています。ほとんどのブランドでトライアルキットがありますので、ご自分に合うものを見つけてみてください。お気に入りのスキンケアアイテムを見つけ、自分の肌を大切にする意識を持つことが一番の近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA