サロン脱毛と医療脱毛の違いって?どっちを選べばいいの?

毎日のムダ毛処理、大変ですよね。最近では、女性が脱毛施設に通うことは珍しくなくなりました。ですが、いざ「脱毛したい!」と調べ始めると「サロン(エステ)脱毛」や「医療脱毛」など、さまざまな種類の脱毛があって「どれを選べばいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。今回は、サロン脱毛と医療脱毛の違いやそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

サロン脱毛とは?

脱毛サロンやエステサロンで行われるサロン脱毛では、主にフラッシュ脱毛(光脱毛)が使用されています。フラッシュ脱毛は、脱毛したい箇所に肌に害のないジェルを塗り、専用のライトをあてて脱毛する方法です。ほとんどの場合、サロン脱毛の施術は「永久的な脱毛」ではなく「毛を抑える、減らす」という目的で行われます。パワーが弱い機器を使うため肌へのダメージは少ないですが、医療脱毛と比べると効果は緩やかなものがほとんどです。

メリット

サロン脱毛の最大のメリットは、医療脱毛と比べて費用をおさえられることです。サロンにもよりますが、「なるべく安く脱毛したい…」という方や「まずは試してみたい」という方にはサロン脱毛がおすすめです。また、痛みが少なく、肌に対するダメージも少ないのがサロン脱毛の特徴です。施術後に保湿クリームやトリートメントなどでケアをしてくれるサロンも多く、痛みに弱い方や肌が敏感な方にもおすすめです。

デメリット

サロン脱毛では、「永久的な脱毛」ができないことが大きなデメリットとなります。もちろん、通い続ければほとんどの毛が薄くなり減っていきます。しかし、施術をやめてしまうとまた生えてきてしまう場合があるのです。サロン脱毛はあくまで「生えにくくする」ための施術なので、長期間サロンに通う必要があることを念頭においておかなければなりません。「早く脱毛完了したい!」という方には向かないかもしれません。

医療脱毛とは?

クリニックなど、医療機関で行われる脱毛を医療脱毛と呼びます。医師や看護師がレーザーを使って施術する、「レーザー脱毛」が主な脱毛方法です。サロン脱毛で使われるフラッシュ脱毛と比べて威力が強く、脱毛効果も高いといわれています。レーザー脱毛は皮膚科や美容クリニックなどの医療機関にのみ使用が認められているため、サロンでは受けることができません。

メリット

医療脱毛では、「永久脱毛」をすることができます。サロン脱毛と比べて使用する機器の威力が強いため、比較的短期間で強い効果を実感することができます。また、医療機関で行われるため医師や看護師が常駐しているもの大きなメリットです。施術中に肌にトラブルがあった場合や、施術により気分が悪くなった場合にも迅速に対応してもらうことができるので安心ですよね。確実な効果を得たうえで、肌のことも考えたいという方には医療脱毛をおすすめします。

デメリット

医療脱毛のデメリットは、サロン脱毛と比べて費用がかさんでしまう点です。効果が高く比較的短期間で脱毛が完了する反面、費用には大きく差が出ます。「なるべくリーズナブルにおさえたい」という方はキャンペーン中に申し込むか、サロン脱毛を選んだ方がいいでしょう。また、医療脱毛は痛みが強いものが多いです。脱毛の威力が強く通う回数も少なくおさえられますが、痛みに弱い方にはおすすめできません。口コミを読んで「痛い」というレビューが多くないかなど、事前によく調べてから施設を選びましょう。

今回は、サロン脱毛と医療脱毛の違いやそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介しました。「費用をおさえたい」などの場合にはサロン脱毛、「すぐに終わらせたい」方などは医療脱毛を選びましょう。それぞれの特徴をよく見比べて、脱毛において重視したいことを明確にした上で適切な施術方法を選んでくださいね。