秋の美容のお悩みと言えば肌トラブル!秋の肌荒れの原因を知り冬に負けない肌を作るコツ

暑い夏が過ぎ去りやっと涼しくなる秋の季節には、肌荒れに悩む女性が一気に増えてきます。今のうちにしっかりケアをしておくことでこれから来る冬に備えたいものですね。というわけで、今回は秋の美容のお悩み代表とも言える肌トラブルの解消法やコツについてお話しします。秋のケアを万全にし、最も乾燥する冬に向けて調子を整えておきましょう。

秋に肌トラブルを起こしやすい2つの大きな原因

秋の美容の悩みと言えば、真っ先に思い浮ぶのが肌トラブルではないでしょうか。秋になると吹き出物が多くなったり、肌が急に乾燥したりとお肌の悩みがつきません。一体なぜ秋になるとお肌の調子が悪くなってしまうのでしょう。何事も原因を知り対策を練ることが大切ですよね。まずここで秋に肌荒れを起こしやすい2つの理由についてお話しておきましょう。

理由①乾燥による肌荒れ

夏から秋にかけて気温が下がるのはもちろんですが、それよりもさらにお肌に影響を与えるのが「湿度の低下」つまり乾燥です。秋は夏に比べると一気に湿度が下がり過ごしやすい季節ではあるものの、お肌にとってこの乾燥は大敵です。秋にお肌の調子が悪くなるのは、この「乾燥」が大きく影響してしまっているのです。
乾燥することで皮脂の量が減少しお肌はかさつき、お肌がかさつくとメイクのノリも悪くなります。秋が過ぎて冬になると湿度はさらに下がり、どこへ行ってもエアコンによる暖房でさらに乾燥レベルが高くなりますよね。秋のうちにしっかり乾燥対策をしてお肌の調子を整えておきたいところです。

理由②まだまだ強い紫外線

紫外線が一番強いのは夏ですが、秋の紫外線もあなどれません。紫外線はシミそばかすの原因になるため、なるべく紫外線にさらされないようお肌を守る必要がありますが、どうしても秋になるとその意識が低下してしまいがちです。
夏と秋とでは気温はかなり違いますが、特に9月の紫外線は真夏とそれほど変わらないほど強力です。秋だからと言って油断してしまい深刻な紫外線ダメージを受けてしまうのも秋の肌トラブルの原因のひとつです。
また、秋はお肌が夏に受けた紫外線ダメージが表面化しやすいタイミングでもあります。さらなる紫外線ダメージを受けないように気を付ける必要があります。秋の外出時には夏と同様にUVケアを入念におこないましょう。

秋のスキンケアに取り入れるべき3つのテクニック

秋の肌トラブルを改善し、これからやってくる冬にも負けないお肌を作るにはどうすればいいのでしょう。冬はお肌が潤いを失いやすく最も乾燥する季節です。本格的な冬が訪れる前に、夏に受けたダメージを修復しお肌の調子を整えておきたいところですよね。ここで秋のスキンケアに取り入れるべき3つのテクニックを紹介しましょう。

テクニック①乾燥ケアに特化した化粧水に切り替える

夏にはさっぱりとしたテクスチャーの化粧水を使っている人が多いと思いますが、これを「しっとり系」のものに切り替えるなら秋の早いうちがおすすめです。まだ気温が高くさっぱりしたものを使いたいと思う気持ちは分かりますが、思う以上に秋のお肌は乾燥によるダメージを受けています。冬に向けて使える、乾燥に強い化粧水に切り替えましょう。

テクニック②UVケアは天気に関わらず徹底する

9月10月は特に紫外線が強いため、これ以上ダメージを受けることがないようにUVケアは万全におこないましょう。秋と言えば絶好の行楽シーズンですよね。過ごしやすく爽やかな季節には、思わず外にいる時間が長くなりがちです。日焼け止めはもちろんのこと、直接紫外線があたらないよう帽子をかぶったり日傘をさしたりしてお肌を守るのも非常に有効です。

テクニック③美容液の部分使いでピンポイントケアをする

お肌全体の乾燥が気になり始める秋ですが、特に目元や口元の乾燥に悩む人が多いのではないでしょうか。その乾燥対策としておすすめなのが美容液の部分使いです。美容液は顔全体に使用してももちろん有効ですが、美容液によってはべたつきを感じ「あまり好きではない」と感じる人もいるかもしれませんね。その場合は、特に乾燥が気になる箇所を集中的に保湿すると良いでしょう。

まとめ

美肌を保つには、紫外線によるダメージから肌を守り十分に保湿することが欠かせません。夏の紫外線によるダメージが表面化しやすい秋の季節には、万全なUVケアと保湿ケアでお肌を修復し、これからやってくる冬の乾燥に負けないようにお肌の調子を整えておきたいところですね。毎日のケアはとても大切です。肌トラブルの多い秋の季節に合ったスキンケアでお肌をしっかり守りましょう。