肌が弱くて怖い…アトピーや敏感肌でも脱毛ってできるの?

多くの女性がムダ毛についてのお悩み抱えているのではないでしょうか。毎日のお手入れにも時間がかかるし、処理するたびに肌を傷つけているのでは…と心配になりますよね。特に敏感肌やアトピーの方は、ただでさえ肌に優しくしなければならないのに、「脱毛なんて怖くてできない!」という方もいるはずです。今回はアトピーや敏感肌の方でも脱毛はできるのか?についてや、注意点についてご紹介します。

アトピー・敏感肌とは?

そもそも、アトピー体質や敏感肌とはどのようなものを指すのでしょうか?ここでは、それぞれに分けてご紹介します。

アトピー

アトピーは、正式には「アトピー性皮膚炎」と呼びます。発症の原因ははっきりとはしていませんが、皮膚のバリア力が弱い場合やアレルギー体質の方に多く現れる病気です。なんらかの刺激によって激しい痒みを伴うことが多く、ひどい場合痛みも感じます。湿疹が出たり赤みを帯びたりと、皮膚の表面に目に見えて異常がでるのが特徴です。慢性的に症状が現れ、治ったり悪くなったりと繰り返すことも多い病気です。

敏感肌

敏感肌とは、化粧水や洗顔料などのスキンケアアイテムや、ファンデーションなどのコスメの使用によって肌が荒れたり、赤みや痒みがでたりしてしまう肌のことを指します。病気ではありませんが、慢性的に乾燥に悩んでいる方や、生活習慣の乱れなどが原因で突発的に肌荒れが起きてしまう方など、敏感肌にあたる方は少なくありません。

アトピー・敏感肌でも脱毛できる?

上記のようにデリケートな肌の方にとって、脱毛はハードルが高いものかもしれません。しかし、最近ではアトピーや敏感肌の方でも安心して脱毛をすることができるサロンが増えてきました。それどころか、脱毛をすることでメリットを感じられる場合もあるようです。ここでは、アトピーや敏感肌が脱毛をするメリットや注意点、アフターケアの方法をご紹介します。

メリット

脱毛をすることで、毛が減っていくだけでなく生えにくくなっていきます。その分、自己処理の回数も減るでしょう。ただでさえ、毎日のシェーバーやカミソリでのお手入れは肌にいいものとはいえません。特にアトピーや敏感肌の方の中には、「カミソリ負けをしてしまう」「剃った後にヒリヒリする」という方も多いのではないでしょうか。その点、一度脱毛を行ってしまえば自己処理の回数は格段に減っていきます。長い目で見ると、肌に対するダメージが少なくなるということです。

注意点

アトピーや敏感肌の方は、皮膚のバリア機能が弱くなっています。そのため、痒みなどの症状がでている時に施術を行うと薄くなった皮膚に影響が出て、色素沈着が起きる場合があります。症状がでている箇所を避けて施術を行うなど、サロンの人とよく相談してから行うようにしましょう。また、ステロイド剤の使用中には施術ができない場合もあります。施術の1ヵ月前には薬の使用を控えるようにしましょう。症状の程度や薬の種類などによっては脱毛に向かない場合もあるため、アトピーや敏感肌の方は必ずかかりつけの医師に相談してから脱毛サロンに行くようにしてください。

アフターケアの方法

アトピーや敏感肌の方には、「脱毛後のアフターケア」がとても重要になります。もちろん脱毛をしたあとには保湿をするのが通常ですが、特に念入りに保湿を行わなければなりません。直後に痛みや痒みがでない場合でも、肌は非常に敏感な状態になっています。サロンで保湿ケアやトリートメントを受けることもできますし、自分に合ったローションなどを用意しておくのもいいでしょう。もし施術後に肌に異常がでた場合は必ず医師に相談するようにしてください。

まとめ

今回は、アトピーや敏感肌の方にも脱毛ができるのかについてや脱毛によるメリット、注意点についてご紹介しました。アトピーや敏感肌の方も脱毛することは可能ですし、メリットの方が大きい場合もあります。しかし、施術が肌に合わない場合や異常が出た場合、「途中でやめたくない…」と思わず、必ず医師に相談しましょう。