もうすぐ夏本番、夏までにできる美容対策とは?

今回は、夏本番に向けて、そして、夏本番中でも行ってほしいケアや、夏までに行うケアについてまとめてみました。これをみて暑夏を乗り越えていきましょう!

夏に女の子が気にするポイントは?

もうすぐ夏本番ですね。
夏に近づくに連れ露出が上がる服を着る機会が増えますね。
そのため身体のパーツと身体のケアは欠かすことができなくなりますね。

まだ間に合う、夏の重要対策「夏までの対策リスト」

さてまずは、対策すべきことをまとめましょう。

脱毛

まず、露出が増えるということは、やはり服の袖が短くなります。
そのため、脱毛は欠かすことのできないケアになります。
サロンにいくことはもちろん、自宅でケアする人もすくなくないのではないでしょうか。もちろん自宅でケアするのも良いですが、夏直前で、脱毛をしたいと思ったときにサロンに行くには時間がないときは、すぐに脱毛ができるその都度脱毛がオススメです。

ダイエット

現在最もよく聞く言葉はダイエットではないでしょうか?
夏までに間に合う短期間ダイエットもありますが、実際短期間で行うダイエットはあまりいいとは言えません。そのため、ダイエットは期間をかけて行う必要があります。
短期間で行う人は栄養や身体を壊さないダイエットを行ってくださいね。

スキンケア

夏だけではありませんが、肌の露出が増えるということは、キレイな肌がよいですよね。
夏は、日焼けに気をつける必要がもちろんあります。そのため、日焼け止めの使用が必須アイテムとなります。
日焼け止めを塗った肌は、帰宅後化粧を落としたあと、いつも以上にしっかりスキンケアする必要があります。現在では、日焼けしてしまった肌に塗るスキンケアまででてきています。
自分の肌にあったケアをしていきましょう。

夏といえば紫外線、キレイな女性が夏に行う紫外線対策とは?

少しお話しましたが、夏は紫外線が強くなります。
しかし実は紫外線は4月からはじまっています。
そして、日焼けしてしまった肌は、シミになりやすく、シミはなかなか治らず、時間が必要となります。すごく気になる人は、美容医療にいく必要もあります。
そうならないためにも普段から紫外線対策が必要になります。紫外線は4秒以上浴びると、メラニンが生成し始めます。メラニンとは、肌を守るために、作られる色素であるのですが、紫外線を浴びるとメラニンが増加してしまうため、一時的に色が黒くなってしまいます。
ただ肌を守るために重要な役割りをはたすため、お肌の味方となります。

これがおすすめ、紫外線対策とは?

では実際どのような対策を行うのがよいでしょうか?
そもそも紫外線には3つの種類があります。可視光線、赤外線、紫外線と呼ばれています。
皆さんは、日焼け止めを使用する際に、ちょっとしか塗っていなかったりしませんか?
日焼け止めは実は規定の量が決まっています。みなさんは日焼け止めに書いてある、
「SPF」や「PA」の意味をしっかり理解していますか?これは防御効果を表した指標となります。「SPF」とは、サンプロテクションファクターの略で、UV-Bの防止効果の数値のころです。
UV-Bはシミそばかすの原因となる物質のことです。「PA」とは、プロテクションレイドオブUVAの略で、UV-Aの防止効果の数値のことです。
UV-Aはシワ・たるみの原因となる物質のことです。UV-Aは紫外線の9割を占め、窓ガラスも通すと言われているため、気を抜けませんね!

これは、測定時の量を使用した際に効果が現れる指標です。そのため少ししか塗らなかったときは効果が薄れてしまうのは仕方ないことです。
さらに、人間は一度塗っても夏場はとくにですが、汗で、流れてしまいます。
なので、塗った直後と何時間か後は効果が全然違います。
日焼け止めを何度も塗るのは理由があったのですね!
そして、よく顔や、はだがでている部分しか塗らない人が多いと思います。
じつは忘れやすいですが、首の後ろや耳の後ろまで塗る必要があります。

現在では様々な日焼け止めが様々なメーカーから販売されています。
様々な商品のなかから選ぶ際に指標としてみてほしいのは、SPFとPAです。
それによって効果がちがいます。
そしてもう少し細かく話すと、そこにプラスが記載してあります。
そのプラスが強さによって多くなるので、より肌を守りたい人はプラスが多い日焼け止めを選びましょう。
そして選ぶ際に、気をつけてほしいのは、ウォータープルーフ性の日焼け止めを選んだほうが効果が長持ちします。
特に汗っかきな人は、効果を持続させるために、ウォータープルーフ性を使用しましょう。

まとめ

夏に近づくに連れ、気になるのはやはり、肌の露出に伴う、スキンケアなどです。
脱毛はもちろんのこと、紫外線の予防は必ず必要となります。
肌のケアは年齢関係なく、紫外線は積み重ねになるので、早くからケアするのに越したことはないですね!