自宅でできる脱毛とそのメリット・デメリットとは?

脱毛をする上で、どこでするのがいいのか考えますよね?
手っ取り早くできる自宅か、自分でする手間がかからない脱毛サロンやクリニックでするのか。脱毛サロンやクリニックに通うの大変そう、勧誘されたらどうしよう、など思い、お店に行かず自宅で脱毛している方もいらっしゃるのでは?そんな方に、自宅でできる脱毛についてご紹介したいと思います。

自宅でできる脱毛の種類

自宅でできる脱毛には、大きく分けて、剃る・抜く・溶かす・家庭用脱毛器の4種類あります。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

カミソリ・シェーバー(剃る)

簡単にできますが、カミソリ負けなどのトラブルを引き起こす可能性もあります。
また、黒いポツポツや、埋没毛ができてしまいます。黒いポツポツは、毛穴を何度も刺激することで、活性酸素が大量に発生、メラニン色素を生成、肌に色素沈着してしまうため、埋没毛は、毛が皮膚の中に埋もれ、皮膚内で毛が成長してしまっている状態。特に、脚、腕、デリケートゾーン、脇などの肌が柔らくて毛が太い部分にできやすい。
皮膚の乾燥、肌の傷、ごわごわ肌を引き起こす。それらの症状により毛穴の出口がふさがる。外に出られなくなった毛が皮膚内で成長。
そして、カミソリで毛を剃ったとしても、肌の下には、根本部分が残っています。そのため、次の日には、チクチクした毛が生えてくる人が多いです。
シェーバーの場合、使用後の手入れが面倒。

毛抜き・脱毛ワックス(抜く)

映えるまでの持ちはいいですが、抜く際に痛みを感じます。また、毛穴へのダメージは大きいく、毛穴がぽつぽつ鳥肌状態になることも。
自宅でできる脱毛の中で、毛抜きは一番やってはいけない方法と言われています。なぜなら、太い部分の毛が毛穴を通り、普段閉じている毛穴が開くため、角栓がたまったり、毛穴に細菌が入り込み、毛嚢炎になることも。
また、毛を引っ張るときに毛細血管も引きちぎられ、そのダメージに耐えるため、血管がどんどん太くなることも。その結果、今まで以上に毛根へ栄養が送られ、以前よりも太くしっかりした毛が育つ、なんてこともあります。
脱毛ワックスとして、広く知られているのは、海外のサロンで多く採用されている「ブラジリアンワックス」。すぐツルツルになりますが、ワックスをはがすときが、痛いです。

除毛クリーム(溶かす)

簡単で、抜くよりも痛くありません。しかし、毛を溶かすほどのパワーのあるクリームですので、肌への負担は大きいです。また、デリケートゾーンなどはできず、腕、足の毛に限定されることも除毛クリームの特徴です。

家庭用脱毛機器

フラッシュ式とレーザー式など種類があります。気づいたときに、パッとできますが、照射範囲は狭いです。そのため、広範囲をしようとすると、時間がかかります。処理後に肌を冷やすなどの手間も必要になってきます。途中からめんどくさくなる人も多い。サロン脱毛に切り替える人多いそうです。

メリットとデメリット

これらのことから、自宅でできる脱毛のメリット・デメリットをまとめると、

メリット

・簡単にできる
・自分のペースでできる

デメリット

・箇所によっては、自分でできない。
・正しい処理方法でしないと、肌を傷つける。
・正しい処理方法は、手間や時間がかかる。

となります。

自宅でできる脱毛のメリットは、簡単にできるだけです。時間と手間を省くためにも、また、お肌のためにも、お店に足を運ぶご検討をしてみてはいかかでしょうか?
毛抜きやカミソリなどで一生、毛の処理をするよりも、1年~3年通い、一生ツルツルの肌を手に入れれるほうがいいと思いませんか?

参考URL
http://harneys.jp/hairremoval.html