最新脱毛から、男性の脱毛まで

今回は、最新脱毛から、男性の脱毛までをご紹介します。
いま、脱毛をするかどうか迷っている方には自分の「毛」について考える、いい機会かもしれません。

知ってる?進化した脱毛

早速ですが、皆さんは、どんな脱毛方法で脱毛しているでしょうか?
レーザー脱毛が主流となっているなかで、最新の脱毛事情についてお話していきます。

プリンセス脱毛?ルミクス脱毛?

最新、プリンセス脱毛?ルミクス脱毛?

プリンセス脱毛

プリンセス脱毛とは、子供が施術しても痛くない痛みを伴わない脱毛になります。
痛みが少ない蓄熱脱毛に、冷却装置を組み合わせることによって、痛みを伴わずに脱毛することを実現させた仕組みです。
そして、この脱毛の1番のポイントは、大人の肌より更に繊細な子供の肌でも脱毛を可能としています。
また、脱毛業界ではタブーとなっている、日焼けをしている肌にも施術が可能となっています。
また産毛の脱毛はなかなか、難しいものではありましたが、このプリンセス脱毛であれば実現可能となっています。

ルミクス脱毛

ルミクス脱毛とは、SHR方式を利用して行う脱毛方法のことです。
現在主流である、レーザー脱毛とは、レーザーの光を利用して、毛根から毛を抜いていましたが、ルミクス脱毛は、広範囲に弱い光を連続して当てることによって脱毛を実施します。
そのため、レーザーよりも痛みを少なく施術が可能となります。
そして、レーザー脱毛は、毛周期を鑑みて、脱毛サロンに通う必要がありましたが、ルミクス脱毛を使用すると毎月施術を行うことが可能であるため脱毛期間も短縮することが可能となりました。
プリンセス脱毛同様、日焼け肌や産毛にも施術が可能であるため、肌への負担も削減することが可能となります。

最近の主流は、永久脱毛?部分脱毛?

ここからは、実際永久脱毛を行うのか、それとも部分脱毛を行う方が良いのかを比較していきます。まず部分脱毛は自分が脱毛したいパーツのみを脱毛することが可能です。
そのため、自分の脱毛したいパーツを一度考えてみて、脱毛したいパーツが比較的多い人には断然全身脱毛をオススメします。
もちろん費用は、部分脱毛のほうがコストを抑えて脱毛をすることが可能となります。
ただ、それは部分脱毛を行いたいパーツが少ない人のみになり、部分脱毛のパーツが多い人は実は、全身脱毛の方が費用が安くなる場合もありますので、先に自分の体のことを知る必要があります。
そして、部分脱毛で注意したいのは、最初に部分脱毛を行った際に、あとから、「ココも気になる!」、「ココも脱毛したい!」とどんどん脱毛したい部分が増えていってしまう場合です。

そのため、そういったリスクがある人にとってははじめから全身脱毛をオススメします。
ただ、全身脱毛は施術を受けることができない人も存在します。
脱毛は毛根を破壊することによって、ムダ毛の再生を防ぐため、日焼けをしている人は、施術を受けることができません。

まtあ、肌が乾燥していたり、肌トラブルが起こりやすい人は、全身脱毛はオススメできません。
少し心配だと思う人は、部分脱毛のほうが向いています。

なにより、自分の肌の状態と、自分の脱毛したい部分をしっかり、把握してサロンに行く必要があるでしょう。

女性だけじゃない、今の時代は男性も脱毛

いま脱毛は女性だけが行うものではありません。
女性だけではなく、男性も脱毛をするといった人が多く存在します。
最近では、男性の美意識が上がっています。
その中でも特に脱毛をしている部分が多いのがヒゲです。
ヒゲの処理は男性にとって毎日必要になるため、脱毛を行うことによって毎日の用意の時間が削減されます。美意識が上がることによって女性の中にも変化が生まれてきました。
男らしい男性はもちろん魅力的ですが、中性的な男性を好む女性も増えました。
中性的な男性とは、中身は男性でもちろん恋愛対象も女性ですが、
男らしい顔立ちではなく、女性らしい可愛らしい顔立ちをしている人を指します。
特徴として、肌がキレイであったり、色白でスリムな男性におおく見られます。
そのため、中性的な男性を目指し、まず取り組むことができる簡単な方法が脱毛です。
脱毛をすることによって肌をキレイにみせられ、すこし中性的な男性に近づくことができます。
男性の中には部分脱毛だけでなく、全身脱毛を行う人も存在します。
全身脱毛をすることで、今までの時間の削減や、清潔感を取り入れることが可能になるため、男性の中でも全身脱毛にチャレンジする人は増加しています。
夏に近づくにつれ露出が増えるのは女性だけではなく、男性も同様です。

まとめ

今、脱毛は、男女どちらも当たり前に取り組む時代となってきました。
施術方法も施術する範囲も自分自身で決めることができます。
比較的リーズナブルな金額と軽い気持ちで始められるのも良い点ですね。
今後も様々な施術方法がでてきたり、より脱毛を行うことが身近に感じることができるようなるでしょう。