どうやったらいいの?誰に聞けばいい?女性の脱毛事情とは?

今回は女性の脱毛についてお話ししていきます。
現在日本の中には多くの脱毛サロンが存在しています。
しかし、サロンに行かずとも脱毛は自宅でも行うことができます。
今回は、サロンと自宅で脱毛を行ったときとの違いを見ていきたいと思います。みなさんはどちらが自分に合った施術方法か比較しながら読んでいってください。

女性の自宅でできる脱毛

みなさんのなかで、自宅で脱毛を行っている人はどのくらいいるでしょうか?
最近は脱毛サロンが増加したことによって手軽な料金で脱毛を行うことができるようになってきました。しかし中には自宅で処理をしている人も存在すると思います。
今回は、実際自宅でできる脱毛の処理を見ていきましょう。

・脱毛器

脱毛器は自宅で機械を購入し、自分自身で手軽に行える脱毛のことです。
部分的脱毛や、顔などの細い毛の部分だけは脱毛器で処理している人も少なくないのではないでしょうか?

・脱毛ワックス

脱毛ワックスは、ブラジリアンワックスと呼ばれることが多い。
デリケートゾーンの処理を行う際に行うことが多く、遊びで一度ブラジリアンワックを試したひとも存在するのではないでしょうか?
そして、やはり南米からきたということもあり、痛みを伴うことが多いので覚悟しましょう。

・脱毛クリーム

除毛クリームはクリームと共に毛を抜くのでワックスみたいに痛みは感じません。
ただ、すごく毛が抜けるわけではないため、自身が剛毛だと感じている人は男性用のクリームを使うのも一つの手です。
やはり男性の方が、毛が濃ゆいので。。。!

そして、男女ともに共通して言えることにはなりますが、敏感肌の人は、成分をしっかりみて、自分の肌質に合った、クリームを使用してください。

・カミソリ・毛抜き

自宅でできる最も手軽な脱毛方法ではないでしょうか?そして最もコストがかかりません。
ただ、肌荒れにつながることが多いためしっかり注意する必要があります。
部分的な処理を行う分にはいいのではないでしょうか?

あなたは、サロン派、自宅ケア派?

ここまで、脱毛サロンと自宅サロンの違いについてお話ししてきました。
脱毛にも様々な方法があり、そして方法によって金額も、効果もすべて変わってきます。
ここからは脱毛サロンと自宅サロンのメリットデメリットを比較していきましょう。

自宅ケアの特徴

・メリット

まずなんといっても時間の自由が効くことが一番ではないでしょうか?
サロンと違い予約をとったりする必要がなく、夜の少し空いた隙間時間で脱毛処理することが可能です。
そして脱毛サロンと違い低コストでの施術が可能となります。
脱毛器の場合、レーザがサロンと比較して弱いため、頻度を上げて利用することが可能で、一度購入すると何度も繰り返し使用することが可能となります。
自宅で脱毛するということは、サロンに行かないため、サロンに行く手間がないのと、
他人に体を見られるといった心配は必要ありません。

・デメリット

サロンとは違い、永久脱毛ができません。
そのため自分自身が毛が生えてきたタイミングで、頻度高く処理を行う必要があります。
そして、自身で処理を行う必要があるため、届きにくい箇所があり、剃り残し等が生まれてしまうことや、使用したクリームやワックスが肌質と合わず炎症ができてしまったりするリスクを伴います。

女性サロンの特徴

・メリット

現在脱毛サロンは様々な施術方法があるため自分に合った施術方法を選ぶことができます。そして、痛みも少なく施術することが可能となってきました。
自宅サロンとは違い処理回数の頻度を減らすことができるため、肌を綺麗に保つことができます。
さらに自宅サロンと違い、永久脱毛が可能になります。
もう毛の処理で悩みたくないという人にとっては大変嬉しい話ではないでしょうか?

・デメリット

やはり自宅サロンと比較するとコストは掛かります。
そして、何度もサロンに通う必要があります。
低コストで始めた場合でも、サロンに通わないと意味がありません。
サロンに通うことがめんどくさいと思う人にとっては少し厳しいかもしれません。
脱毛を行うにあたって前日に処理を行うことや、やってはいけないことがあるため、ルールを守らなければ施術をうけることができない場合があります。

まとめ

ここまで、自宅サロンと脱毛サロンの違いについてお話ししてきました。
どちらが良いかを決めることができるのは、自分自身で判断することになります。
自宅サロンも脱毛サロンもメリッデメリットがあるため、自分が何を優先させたいのかを考える必要があります。
そのためにもまずは、自分の毛と肌質をしっかり知る必要があります。
自分の毛は抜けやすいのか?肌は荒れやすいのか。。。等。
自分を知ることによって様々な施術方法のなかで、最も自分に合った施術を選ぶ必要があります。
もちろん部分的に使い分けして使用するのも一つの方法になります。
あなたに合った施術方法でストレスなく施術できるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA