自宅でセルフ脱毛するときに気を付けたい2つのポイント

脱毛サロンに継続的に通うのは時間もお金もかかるし、自宅で脱毛できたらなあ……。今回はそんなあなたに気を付けてほしい2つのポイントを徹底解説! きちんとした準備とアフターケアを継続すればサロンに通うよりも低価格で脱毛を完了させることができるかも?

その1 そのムダ毛処理、本当に脱毛?

脱毛サロンに通うかわりに、自宅でカミソリや除毛クリームを使ってムダ毛処理をしているという方は多いでしょう。確かに一時的にはムダ毛を処理できますし、何より自宅でできるという手軽さが大きな魅力です。しかしそれらを「セルフ脱毛」だと思っているとしたら、それは少し違います。カミソリや除毛クリームによる処置はあくまでも一時的な処理にすぎず、脱毛とは違うものです。それぞれを詳しくみてみましょう。

カミソリでの自己処理

カミソリによるムダ毛の処理は、入浴のついでにさっとできるため非常に手軽です。そのため多くの方が利用しているのではないかと思います。処理直後は仕上がりも良く見え、満足するかもしれません。しかしカミソリは、肌に大きなダメージを与えてしまいます。毛を剃るときに表皮の角質も同に削ってしまっているため、乾燥、細菌感染からくる炎症を引き起こす可能性があります。また処理後の肌には透明感がなく、繰り返しカミソリで処理された肌は皮膚が厚くなる、硬くなる、黒ずみが発生するなど、肌の美しさが失われてしまいます。自分の理想とする肌を実現するためにムダ毛を処理したいのに、結果として逆効果になってしまう恐れがあるのです。

除毛クリーム

肌の表面よりも下の部分まで毛を溶かすことができ、また毛先が丸くなる処理法です。そのため処理後はポツポツとした毛先が見えにくいというメリットがあります。しかし除毛クリームは、毛だけではなく肌も一緒に溶かしてしまいます。具体的には肌の角質を溶かし、ピリピリとした痛みを感じることもあります。また、毛穴にもダメージを与えます。肌の表面よりも下の部分まで毛を溶かせるということは、毛穴の中にまで除毛クリームが侵入しているということです。当然ながら、毛穴にもダメージがあると考えておきましょう。

その2 家庭用光脱毛器は本当に便利?購入前に知っておいてほしいこと

カミソリや除毛クリームでの処理は脱毛ではありませんが、家庭用光脱毛器を利用すれば、自宅にいながらにしてセルフ脱毛をすることができます。家庭用光脱毛器を導入する前に、いくつかポイントをアドバイスします。

その効果はお値段に比例!

カミソリのような単純な仕組みではないので、やはりその効果は値段に比例します。いくら安く買うことができても、脱毛の効果が薄ければ本末転倒です。家庭用光脱毛器を導入する際には、信頼できるメーカーから発売されている、ある程度の値段のするものを購入するのが良いでしょう。長い目で見れば、安くて効果の薄いものを買うよりも満足のいく結果になるはずです。

意外と大変!照射後のケア

光を照射した後は、肌をクールダウンする必要があります。光脱毛器の光は、毛乳頭だけでなく肌にも熱によるダメージを与えていて、そのまま放置すると炎症を引き起こしてしまう可能性があるためです。炎症が起きると肌には赤みがでて、それが長期化すると黒ずみの原因ともなってしまいます。光脱毛器を使用した後は、必ずクールダウンを忘れないようにしましょう。また、熱だけでなく乾燥にも注意が必要です。光脱毛器を使用した後の肌は乾燥しやすい状態になっていますので、化粧水などを使用して保湿ケアを十分にしてあげましょう。万が一クールダウンが不十分だったりして赤みが引かない場合には、軟膏を塗って炎症を鎮めるなどの対処をとりましょう。

照射のタイミングと脱毛完了までの回数

家庭用光脱毛器はやみくもに使用すれば効果が上がるというものではありません。毛には成長周期があり、毛が成長しているタイミングで照射することで大きな効果が期待できます。逆に成長していないとき、抜け落ちるのを待っている状態のタイミングで照射をしても、効果は得られません。しかし毛ごとの成長周期を正確に見極めることは難しいので、「脱毛に最適なタイミングがある」と考えるのではなく、「長期的に継続してじっくり脱毛する」という気持ちでいることが大切です。回数の目安として、およそ2週間に1度くらいの使用頻度がおすすめされています。脱毛完了までは、部位にもよりますがおよそ6~10回程度が見込まれます。

自宅でセルフ脱毛する前に

家庭用光脱毛器を購入すれば、自宅でセルフ脱毛を行うことができます。しかし初めてで勝手がわからないと、炎症や不十分な照射など、思ったような効果が得られない可能性もあります。そこで光脱毛を1度も経験したことがないという方は、まずはサロンの体験プランや都度払い脱毛サロンなどで、体験してみることをおすすめします。プロの施術を受けることで、「正解」の光脱毛がどのようなものか理解できるでしょう。その上で、プロに任せたい場合はそのままサロンに通い、やはり自宅でセルフ脱毛をしたい場合は家庭用光脱毛器を購入すると良いでしょう。どちらにせよまずは、プロの施術を体験してみましょう。