なるほど!脱毛のメカニズム! ツルツルお肌への道

何となく脱毛をしているだけではツルツルお肌への道のりは遠のくばかりです。毛のメカニズムや自己処理のデメリットを考え、効率よくスムーズに脱毛を行ってゆきましょう。

なるほど!毛の構造

毛の主成分はタンパク質であり、そのなかでも硬く強度のあるケラチンです。肌から上に出ている毛部分は「毛幹」といわれ、肌の内部にある部分は「毛根」と、いわれています。「毛根」の根元にある球形のふくらんだ部分は「毛球」といわれ、ここでは毛が作られてゆきます。「毛球」の先端には「毛乳頭」と呼ばれる組織があります。その周辺の細胞は「毛母細胞」と呼ばれています。この「毛乳頭」が毛細血管から運ばれてくる栄養や酸素を取り入れ、「毛母細胞」に受け渡し働きかけることで、細胞分裂がおこります。そして細胞分裂によって作られた組織が上へと押し上げられてゆくことで、毛となり、伸びてゆきます。また、そうして伸びてゆく毛には、「成長期」〜「退行期」〜「休止期」という発毛のサイクルがあり、このサイクルは一般的に「毛周期」と呼ばれています。また、「成長期」〜「退行期」へと移行するまでの時間は、だいたい3週間ほどかかるといわれています。(部位、個人により、毛周期には差があります。)

なるほど!適切な脱毛時期

サロン脱毛の施術をするには、それに適したタイミングが重要になってくるでしょう。サロンで脱毛器の光を照射して、脱毛の効果があるのは「成長期」のみとなっています。また、脱毛器の光の照射は、ムダ毛本体と毛根がくっついている「成長期」の毛だけに効果があります。毛と毛根が離れている「退行期」「休止期」の毛に対しては、施術をしたとしても、光脱毛の効果が全くないということです。そのため、全ての毛を脱毛するためには、期間をおいて、「退行期」「休止期」の毛穴が、「成長期」になって活動をし始めるのを待ち、 数回に渡って施術をする要があるのです。この成長サイクルは人によって個人差がありますし、その毛が生えている部位によっても期間の差があるので、間隔をあけながら何度かにわたって施術を受ける必要があるでしょう。

自己処理の落とし穴

ここまでは、毛のメカニズムについてお話しました。ここからは、一般的なムダ毛の自己処理を行っていると、肌にどのような変化が現れるのか、デメリットとなる症状をいくつかご紹介しますのでご査収ください。
まずは毛嚢炎。毛嚢炎とは、毛穴の奥にある毛包が細菌に感染して起こる皮膚炎の事をいいます。毛抜きやカミソリで傷ついた毛穴から菌が入り込むみ、炎症を起こす事が原因で症状が現れます。毛穴の表部分が赤く腫れ上がるようなものができるという症状が現れ、悪化すると白い膿が出てくる事もあります。潰してしまうと、さらに悪化してしまう恐れがあるので、できるだけ触らないように注意が必要です。2つ目は埋没毛。毛が皮膚の下に埋まってしまっている状態をいいます。自己処理で皮膚や毛穴を傷つけてしまう事により、毛穴がかさぶた等で塞がってしまい、毛が皮膚の外に出られなくなってしまうのです。それでも毛は伸び続けますから皮膚の中に埋まってしまうのです。毛抜きを使った時は、毛を引き抜いた時に毛穴が大きく広がってしまい、出血してしまうことや、傷つけてしまうことで、埋没毛となってしまうことが多いと言われています。そして色素沈着。自己処理で肌が刺激を受けると、その刺激から肌を守る為に、皮膚の下のメラニンが集まって、そのメラニンが蓄積される事が原因で、色素沈着が発生します。特にカミソリや毛抜き、ブラジリアンワックスなどは、肌への刺激が強いので色素沈着を起こすリスクが高くなりますので注意が必要となります。また、ワキや脚は皮膚が薄いため、ムダ毛と一緒に皮膚の一部の角質も削ってしまうことが多く、乾燥を起こしやすいです。そのため黒ずみを引き起こしやすいですし、特に、日本人は色素沈着を起こしやすいという体質もあるようです。肌の色が黒ずむというのが色素沈着の主な症状となりますが、痛みやかゆみなどの症状はとくにありません。黒ずみがあると全体的に肌がくすんで見えてしまいます。色素沈着は改善するのにかなり時間がかかるようです。

まとめ

いかがでしょうか、自己処理のデメリットを改めて考え直しながら、ムダ毛の発毛のメカニズムに合わせて、効率よく、肌のトラブルの少ない健全な脱毛ライフをお送りください!