光脱毛とレーザー脱毛の違いをズームアップ!

近年、脱毛は女性の身だしなみやマナーとして当たり前になってきました。露出している脚や腕だけでなく、せなかや脇、VIOなど見えないところの処理をされる方も多いようです。今回は、光脱毛とレーザー脱毛の違い、それぞれどのようなメリットがあるのということをわかりやすくご紹介します。

光脱毛とレーザー脱毛の大きな違い

この2つの脱毛方法の一番の違いは、照射する光の波長の種類の違いです。光脱毛の場合は複数の波長を含んだ光を広範囲に照射する方法です。レーザー脱毛は単一の波長で集中的に熱を集めて照射する方法です。光脱毛もレーザー脱毛も、メラニン色素(黒色)だけに反応する光の波長を選んで、直接ムダ毛の毛母細胞にダメージを与えて脱毛しますが、レーザー脱毛は照射の威力が強いため、完全な「永久脱毛」が可能です。いずれの方法も、黒く太い毛にはよく反応しますがうぶ毛や細い毛は脱毛しにくいため、元々毛の量が少ない方は黒く太い毛よりも回数がかかる可能性があります。無料カウンセリングなどでよく話を聞いて納得してから施術することが大切です。また、メラニン色素がない状態、いわゆる白髪になってしまうと脱毛できない場合があります。しかし、最近では、白髪やブロンドヘアでも効果が期待できる機器が開発されているそうで、サロンや美容クリニックによって、どのような機器を使っているかによって、白髪でも脱毛が可能な場合もありますので確認してみましょう。髪だけでなく体毛も白髪になりますから、もしも迷っているなら是非とも白髪になる前にチャレンジしておくことをおすすめします!

日焼けは厳禁です!

光脱毛やレーザー脱毛の照射する光は黒い色素(メラニン)にのみ反応します。脱毛施術前に日焼けをしてしまった場合、ほとんどの脱毛サロンで施術を断られます。脱毛のフラッシュは黒い色(メラニン)に反応します。日焼けして黒くなった肌の場合、脱毛用のフラッシュが肌のメラニン色素に反応し、やけどなどの肌トラブルにつながる危険性があります。脱毛前はもちろんですが、脱毛期間中の日焼けはNGです。また、脱毛用のフラッシュは肌が白いほど、直接毛根のメラニン色素にあたるため、脱毛効果を発揮します。日焼けして黒くなった肌はフラッシュを直に毛根にあてられずに分散してしまうので、脱毛の効果が薄くなってしまう恐れがあります。サロンや美容クリニックでの脱毛を考えているなら、日焼け対策をしっかりしておいた方が良いでしょう。

光脱毛のメリットとデメリット

光脱毛とは、主に脱毛サロン、エステサロンなどで行われる脱毛方法で、IPL(インテンスパルスライト)等の機械を使って行います。光脱毛またはフラッシュライト脱毛などと呼ばれるものです。光脱毛は医療行為ではなく美容のための施術なので、完全なる脱毛ではなく、減毛、不再生脱毛ということになっています。光脱毛はレーザー脱毛よりも照射する光が弱いため、肌への刺激も弱く痛みが少ないというメリットがあります。最近では、手軽な家庭用の光脱毛器も販売されています。サロンで行う脱毛よりは効果は低いですが、毛抜きなどで自己処理をするよりも肌へのダメージは少ないとされています。何度も通わなくて済むのはありがたいですよね。脱毛サロンでの光脱毛の一番のメリットとなるのはレーザー脱毛に比べて料金が安くてすむことです。さらにシーズンのキャンペーンなどを利用すれば、かなり費用を抑えることができますので、全身脱毛をお考えのお方で金額を抑えたい方には光脱毛がオススメです。ただ、光脱毛はレーザー脱毛よりも脱毛完了までの時間がかかります。毛周期をみながら2~3ヶ月に1度の割合で施術を行い、さらにレーザーよりも弱い光を照射していくので、部位にもよりますが完了までには1~2年かかるといわれています。少々期間がかかるのがデメリットといえるでしょうか。

レーザー脱毛のメリットとデメリット

レーザー脱毛は医療用レーザーを使った脱毛方法なので、医療従事者でないと行うことが出来ません。エステサロンや脱毛サロンでは行うことが出来ず、医療機関や専門のクリニックでのみ受けることが可能で、必ず医師とのカウンセリングをする機会が設けられています。マシンは、ダイオードレーザーアレキサンドライトレーザーなどの出力の高いレーザー機器を使用するため、バチンという痛みを感じる方がほとんどです。追加の料金を支払って、麻酔クリームを使うことも可能です。また、エステサロンではできない「永久脱毛」をすることが可能です。また、レーザー脱毛は光脱毛よりも少ない回数で完了することが可能で、施術する部位や範囲にもよりますが、だいたい5~6回で完了することが多いとのことです。そのため、短期間での脱毛を完了したいという方にはレーザー脱毛の方がオススメです。レーザー脱毛ができる機関では、施術後のアフターケアも保証されています。レーザーは照射の刺激が光脱毛よりも強く、毛が生えてくるところを熱で破壊しますので、肌トラブルになる可能性もありますが、医療機関や専門のクリニックであればその場で医師の対応を受けることが可能です。ただ、レーザー脱毛の施術は施術1部位当たり1~2万円ほどしますので、全身脱毛となると一回の費用が10~20万円ほどかかることもあります。医療機関のレーザー脱毛は、脱毛サロンの光脱毛よりも値段が高いというのがデメリットではあります。

まとめ

いかがでしょうか。脱毛サロンで行う光脱毛も医療機関で行うレーザー脱毛もそれぞれのメリット、デメリットがたくさんありますね。時間がかかっても、費用を抑えて痛みの少ない光脱毛か、費用がと痛みを我慢しても短期間で行えるレーザー脱毛か、ご自分の脱毛ペースや費用、目的に合わせて慎重にご検討なさることをおすすめします。どちらを選ばれても、皆様にとってストレスフリーな素敵な脱毛ライフが訪れますように!