埋没毛は放っておくと良くない? 埋没毛の処理と予防方法を紹介!

多くの人が脱毛の時に悩むのが、埋没毛。特に冬場などは、ズボンやタイツを履くため、埋没毛ができやすくなってしまいますよね。今回は埋没毛がどうして起きるのか、またその処理と再発を防ぐ方法紹介します。実はちょっとした心がけで、埋没毛を防ぐことができちゃいます!

埋没毛ってなに?

まず埋没毛とは、なんらかの原因で毛の上に皮膚が覆ってしまい、毛が埋もれて外に出てこなくなってしまっている状態です。よく見ると、皮膚の下に透けて毛が丸くなって入ってしまっているのが見えます。
埋没毛は、カミソリや毛抜きなどの自己処理によって引き起こされることが多いです。カミソリや毛抜きで傷ついた肌の表面を治すために、毛穴に膜がはり、毛が表面に出て来なくなってしまいます。
では、この埋没毛を減らすためにはどうしたらいいのでしょうか?

埋没毛は放っておいてもいい?正しい処置とは

実は、埋没毛は放っておいても、大丈夫です。皮膚の再生が行われると、塞がってた毛穴が元の状態に戻ります。すると毛が皮膚の表面に出てくるようになるので、特別な処置は必要ありません。
ここで注意したいのは、毛抜きなどで無理に皮膚の内側から毛を出そうしないことです。皮膚を同時に傷つけてしまうと、色素沈着や出血の原因にもなります。
しかし、埋没毛でもニキビのような白いできものができてしまったら、注意しましょう。それは毛穴が炎症を起こす毛嚢炎の可能性があります。毛嚢炎は毛穴にばい菌が入ると引き起こされる炎症です。これは無理に処理をしようとせず、ひどい場合にはお医者さんに相談してみましょう。

埋没毛を防ぐにはどうしたらいい?

脱毛方法を変える!
自己処理ではどうしても肌を傷つけてしまうと可能性が高く、埋没毛や肌荒れなどストレスの原因にもなります。家庭用脱毛器や脱毛サロン、病院などでできる脱毛方法を検討してみるのもいいかもしれません。

入浴後はクリームを塗る!
クリームを塗って保湿し、柔らかい肌の状態を保つようにしましょう。肌の乾燥を防ぐと埋没毛が起こりにくくなります。

角質リムーバーを使う!
皮膚の再生タームを利用して、角質リムーバーなどを使い、古い角質を取り除くと、埋没毛が出てきやすくなります。お風呂の中など皮膚が柔らかい時にやるのがおすすめですが、やりすぎると逆に肌を傷つけてしまうので気をつけましょう。

まとめ

自己処理をしている人は、誰しも埋没毛に悩みますよね。埋没毛は脱毛方法や肌の状態を良く保つという小さな心がけで改善することができるので、皆さんも是非実践してみてください!