都度払い脱毛とコース契約の脱毛はどっちがお得なの?

「医療レーザー脱毛」と「光脱毛」について。

一般的な脱毛の種類としては、「医療レーザー脱毛」と「光脱毛」二種類が最もメジャーです。クリニックや病院で施術を受けることができる「医療脱毛」、「レーザー脱毛」、「医療レーザー脱毛」。呼び方に少々違いはありますがどちらも同じ施術を行います。また、エステサロンで施術を受けることができるものは「光脱毛」、「フラッシュ脱毛」などと呼ばれています。こちらもまた、どちらも同じ施術を行います。
医療レーザー脱毛とは、「医療用レーザー脱毛機」を使って施術が行われるものをいいます。こちらは医師免許の有る者しか扱えない機械になるので、医療行為となります。そのため医療レーザー脱毛ができるのは、医師がいるクリニック・病院に限られています。とはいえ、脱毛は怪我や病気の治療ではないため、保険適用外の自費負担となりますので、健康保険を利用して割引を受けることはできない仕組みとなっています。
脱毛機の出力が高いため、「痛い」と感じる方のほうが多いようです。「輪ゴムではじかれるような痛み」と表現されることが多いですが、輪ゴムの太さや勢いによっても痛みは変わるので、ここでは「わりと太めの輪ゴムを長く伸ばしてはじいたような痛み」と記しておきます。また、VIOなどの太くて硬い毛が集まる部分になると、他の部位と比べて痛みが強く激痛を感じるということもあるようです。
光脱毛とは、エステサロンで行われる脱毛機で行われるものをいいます。レーザーより照射出力が弱く、痛みが少ないこともあり、初めて脱毛を受ける方や、小学生や中学生など、子供でも施術を受ける方が増えているようです。こちらに関しては、「細いゴムでやさしくはじかれるような痛みがたまにある程度」と記しておくのが近いでしょう。

支払い方法について

ここまでは「医療レーザー脱毛」と「光脱毛」についてお話いたしましたが、ここからは支払い方法についてお話いたします。実は光脱毛を行っているサロンでは、医療脱毛を行っているクリニックよりも都度払いのできるお店が多く存在します。都度払いと、コース契約での支払いについてもこちらで見ていきましょう。

一般的なほとんどの脱毛機関では、脱毛6回コースや12回パックなど、複数回分をまとめて契約して一括、またはローンや分割で支払いをします。セレクトする脱毛箇所が多くなったり、全身脱毛などになると一度に数十万円の契約となってしまいます。また、この契約は、クレジットカードでの決済がほとんどであるため、クレジットカードを持っていない方もカードを発行する必要があります。ローンやクレジットカードは使いたくないという方にはコースやパックの契約は難しいでしょう。
さらに、数回パックやコースでの契約をすると、施術を受けていくうえで、何度か通ってほとんど毛が生えてこなくなり、脱毛の必要がなくなっても、契約の回数だけが残ってしまうという場合が発生します。しかし、途中で辞めてしまうと解約手数料がかかってしまうことがほとんどであるため、パックやコースでは、結果的に損をしてしまうことが多くあります。
期間にも制限があります。例えば「6部位12回のパックを二年以内で消化」など、消化する期間が限られていると、予約をしても何らかの理由で来店できなくなってしまった時に一回分を消化されてしまうので実際には12回通うことができません。また、妊娠や体調面などで来店ができない期間が発生した場合には、契約の回数を消化せずに契約期間が終了してしまいますので注意が必要です。

まとめ

いかがでしょうか?このような点から、コースでの契約よりも都度払いの支払い方法のほうがお得だということが分かります。脱毛を受けた後に、その日の分だけ支払いをする都度払いの支払い方法であれば、期間や回数の計算を気にせずに通うことが可能です。また、クレジットカードやローンの契約は少し敷居が高いと思われる方には都度払いのサロンがオススメです。大きな金額の支払いを気にせずに、気軽に脱毛を体験してみてはいかがでしょうか。