メンズ都度払い脱毛サロン

脱毛の注意点!脱毛せずに自己処理をつづけたらどうなるの?

皆さんはどのような方法でムダ毛処理をしていますか?ここでは自宅で簡単に出来るムダ毛の自己処理の意外な落とし穴について。デメリットを紹介していきます。 カミソリで自己処理を続けたら… カミソリを使って処理をする場合のデメリットをご紹介します。ムダ毛の処理用のカミソリは肌に大きなダメージを与えてしまいます。肌が弱い人や敏感な方は、カミソリ負けを起こして赤くなってしまい、その痕が黒ずみとしてひどくなり、状況の悪化が考えられます。また、見えるところはうまく剃ることができるかもしれませんが、関節や背中など、手の届きにくいところのカミソリの使用は肌を切って出血してしまうことも多く大変危険です。筆者もこれで何度も肌を傷つけてしまって、翌日恥ずかしい思いをした経験があります。2つ目はムダ毛が濃くなっていく事。己の体を防衛するために生えているムダ毛が意図的に繰り返し取り除かれると、体が防衛力を高めようとする働きを活性化させることにより、さらに太く濃い毛が生えてくると言う傾向があります。3つ目は色素沈着です。カミソリでの自己処理を続けていると、知らずしらずのうちに色素沈着が進んでしまうことがあります。これも無駄毛と同様に体の防衛機能の一つです。カミソリなどを使った処理で乾燥や刺激が加わると、身を守るためにメラニン色素が集中することによって、皮膚の外側からみると黒ずみやシミのようになってしまうのです。 毛抜きやワックスで自己処理を続けたら… 毛抜きやワックスでの処理は、毛穴の毛を無理矢理抜き取る方法です。もちろん、皮膚や毛穴には大きな負担をかけてしまいます。毛抜きやワックスでの自己処理後の皮膚は、ムダ毛が抜けたことで大きく広がった穴を埋めようと、自己修復作業に入ります。出血した時に、かさぶたができるのと同じように、傷を負った皮膚を再生させるため表面に薄い膜を作り毛穴を塞いでしまうのです。そのため、毛穴の中で発生した新しい毛は、表皮の上に出てくることができず、皮膚の中で育ち続け、埋没毛となってしまいます。 埋没毛は皮膚の外側からみると、黒いシミのようになってしまいます。もちろんくすみの原因にもなるでしょう。また、見た目の問題だけではありません。埋没毛をそのままにしておくと、炎症を引き起こし毛嚢炎(もうのうえん)を引き起こしてしまいます。1度埋没毛になってしまうと、針やピンセットで穴を広げなければ中の毛を出すことは出来ないため、さらに傷が広がってしまうこととなります。 除毛クリームで自己処理をつづけたら… 除毛クリームは、市販のクリーム状の液体を肌に塗り、時間を置いてムダ毛を処理する方法です。商品にもよりますが、基本的には除毛クリームは、かなり肌に負担をかけやすいムダ毛処理方法だと言えます。除毛クリームのメカニズムの基本は、「たんぱく質を溶かしてムダ毛を処理していく」というもので、肌も同じように、たんぱく質を中心として構成されています。このため、肌のたんぱく質をも一緒に溶かしてしまうというデメリットがあるのです。除毛クリームを使用した翌日にヒリヒリする方や、赤くなってしまって痒みを覚える方も多くいらっしゃいます。これは、肌のタンパク質も一緒に溶けてしまったことにより起こる現象です。そのようなトラブルを避ける為にも、必ずパッチテストをする必要があります。また、除毛クリームは、顔やVIOなどのデリケートな部分に使用することはできません。これから露出の多くなる季節に使用するのであれば、除毛クリームだけでなく、カミソリや毛抜などとの併用が必要となるでしょう。 まとめ いかがでしょうか?自宅でできるお手軽なムダ毛の自己処理には様々な方法がありますが、知らず知らずのうちにお肌のトラブルを引き起こす方法ばかりです。無駄な肌トラブルを回避して、ムダ毛、毛穴レスのツルツルのお肌を手に入れるために、1度サロン脱毛へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

メンズ都度払い脱毛サロン

なるほど!脱毛のメカニズム! ツルツルお肌への道

何となく脱毛をしているだけではツルツルお肌への道のりは遠のくばかりです。毛のメカニズムや自己処理のデメリットを考え、効率よくスムーズに脱毛を行ってゆきましょう。 なるほど!毛の構造 毛の主成分はタンパク質であり、そのなかでも硬く強度のあるケラチンです。肌から上に出ている毛部分は「毛幹」といわれ、肌の内部にある部分は「毛根」と、いわれています。「毛根」の根元にある球形のふくらんだ部分は「毛球」といわれ、ここでは毛が作られてゆきます。「毛球」の先端には「毛乳頭」と呼ばれる組織があります。その周辺の細胞は「毛母細胞」と呼ばれています。この「毛乳頭」が毛細血管から運ばれてくる栄養や酸素を取り入れ、「毛母細胞」に受け渡し働きかけることで、細胞分裂がおこります。そして細胞分裂によって作られた組織が上へと押し上げられてゆくことで、毛となり、伸びてゆきます。また、そうして伸びてゆく毛には、「成長期」〜「退行期」〜「休止期」という発毛のサイクルがあり、このサイクルは一般的に「毛周期」と呼ばれています。また、「成長期」〜「退行期」へと移行するまでの時間は、だいたい3週間ほどかかるといわれています。(部位、個人により、毛周期には差があります。) なるほど!適切な脱毛時期 サロン脱毛の施術をするには、それに適したタイミングが重要になってくるでしょう。サロンで脱毛器の光を照射して、脱毛の効果があるのは「成長期」のみとなっています。また、脱毛器の光の照射は、ムダ毛本体と毛根がくっついている「成長期」の毛だけに効果があります。毛と毛根が離れている「退行期」「休止期」の毛に対しては、施術をしたとしても、光脱毛の効果が全くないということです。そのため、全ての毛を脱毛するためには、期間をおいて、「退行期」「休止期」の毛穴が、「成長期」になって活動をし始めるのを待ち、 数回に渡って施術をする要があるのです。この成長サイクルは人によって個人差がありますし、その毛が生えている部位によっても期間の差があるので、間隔をあけながら何度かにわたって施術を受ける必要があるでしょう。 自己処理の落とし穴 ここまでは、毛のメカニズムについてお話しました。ここからは、一般的なムダ毛の自己処理を行っていると、肌にどのような変化が現れるのか、デメリットとなる症状をいくつかご紹介しますのでご査収ください。 まずは毛嚢炎。毛嚢炎とは、毛穴の奥にある毛包が細菌に感染して起こる皮膚炎の事をいいます。毛抜きやカミソリで傷ついた毛穴から菌が入り込むみ、炎症を起こす事が原因で症状が現れます。毛穴の表部分が赤く腫れ上がるようなものができるという症状が現れ、悪化すると白い膿が出てくる事もあります。潰してしまうと、さらに悪化してしまう恐れがあるので、できるだけ触らないように注意が必要です。2つ目は埋没毛。毛が皮膚の下に埋まってしまっている状態をいいます。自己処理で皮膚や毛穴を傷つけてしまう事により、毛穴がかさぶた等で塞がってしまい、毛が皮膚の外に出られなくなってしまうのです。それでも毛は伸び続けますから皮膚の中に埋まってしまうのです。毛抜きを使った時は、毛を引き抜いた時に毛穴が大きく広がってしまい、出血してしまうことや、傷つけてしまうことで、埋没毛となってしまうことが多いと言われています。そして色素沈着。自己処理で肌が刺激を受けると、その刺激から肌を守る為に、皮膚の下のメラニンが集まって、そのメラニンが蓄積される事が原因で、色素沈着が発生します。特にカミソリや毛抜き、ブラジリアンワックスなどは、肌への刺激が強いので色素沈着を起こすリスクが高くなりますので注意が必要となります。また、ワキや脚は皮膚が薄いため、ムダ毛と一緒に皮膚の一部の角質も削ってしまうことが多く、乾燥を起こしやすいです。そのため黒ずみを引き起こしやすいですし、特に、日本人は色素沈着を起こしやすいという体質もあるようです。肌の色が黒ずむというのが色素沈着の主な症状となりますが、痛みやかゆみなどの症状はとくにありません。黒ずみがあると全体的に肌がくすんで見えてしまいます。色素沈着は改善するのにかなり時間がかかるようです。 まとめ いかがでしょうか、自己処理のデメリットを改めて考え直しながら、ムダ毛の発毛のメカニズムに合わせて、効率よく、肌のトラブルの少ない健全な脱毛ライフをお送りください!

メンズ都度払い脱毛サロン

脱毛を始めるのに一番オススメの季節は春です!

新しい季節になって清々しい気分。そろそろ夏に向けて脱毛を始めなければ!もう遅い?まだ早い?春から始める脱毛のメリットをご紹介します。 春はキャンペーンがたくさん\(^o^)/ 春から脱毛を始めることで、これから迎える夏に備えて脱毛を受けられる!という最も大きなメリットがありますね!そのため、この時期は夏目前ということで、さまざまな格安のキャンペーンを始めるサロンも多く見られ、通常より安く脱毛を契約できるチャンスもあるかもしれません。また、オトクなキャンペーンでは、しばしば施術可能部位が増えたりもするので、期間中は大変オススメです。しかも、今時期から脱毛の施術を始めれば、脱毛完了とまではいかずとも、毛周期に合わせて何度か施術が出来るので、かなり効果を得ることが期待できるでしょう!夏本番にはムダ毛がかなり薄く、少なくなっていると嬉しいですね。 夏から脱毛を始めるのはお勧めしません。 夏は紫外線が多く、どんなに気をつけていても日焼けは避けられません!脱毛を始めるには最も向いていない季節と言えるでしょう。紫外線は脱毛の天敵です。光脱毛とは、黒い色、メラニンに反応する光を脱毛部位に照射して、照射熱によって毛母細胞という毛を作る細胞を破壊し脱毛を行ってゆくものです。 そのため、夏の日焼けによってメラニンが大量に増えている状態の肌に光を照射すると、火傷やシミ、そばかすなどの症状が起こりやすく、色素沈着の原因にもなるため、日焼けした肌への施術はどこのサロンもお断りされてしまいます。また、日焼けは肌の感想をもたらします。肌が乾燥している状態というのは、通常時よりも肌のバリア機能が低下している状態になっています。そうなると、外部からの刺激に弱くなり、普段よりも脱毛器の光によるダメージを受けやすくなってしまいますし、痛みも感じやすくなってしまいます。乾燥肌の場合、炎症や火傷などの大きなダメージにつながる場合があるため、こちらもまた、脱毛を断られるケースもあります。 春から始めれば夏までに効果が出てくる? 脱毛は1回で全く毛がなくなる訳ではありません。毛には毛周期というものがあり、「成長期」「退行期」「休止期」というように別れています。光脱毛とは、毛の根元にくっついている毛根組織を脱毛器の光(フラッシュ)の熱で焼いて、破壊する脱毛方法です。 ムダ毛本体と毛根がくっついている「成長期」の毛だけに効果があります。光を照射して毛根組織を破壊するには、「成長期」の毛に照射をしなければ、効果が出ないのです。また、毛と毛根が離れている「退行期」や「休止期」の毛に照射しても。光や熱が毛根まで届かないため、全く効果がないといえます。さらに、「成長期」→「退行期」に移行していくまでには、およそ3週間ほどかかるそうです。そのため、夏になって慌てて脱毛サロンを探して1度だけ照射しても、また次の周期が回ってくるので、「休止期」だった毛穴が働きだし、「成長期」となりムダ毛は表に出てきます。このことから、今時期の春先から計画的に脱毛を開始すれば、「成長期」にあたる周期に、何度か照射することが出来、夏には効果が期待できると言えます。 まとめ 以上が、私たちがオススメする春のうちに脱毛を開始するメリットとなります。日差しの強い夏になってから考えるのではなく、しっかり計画を立てて施術を受けられる春先から脱毛を始めてみるのはいかがでしょうか。

メンズ都度払い脱毛サロン

夏までにツルツルお肌!脱毛始めるなら春がおすすめの理由とは。

夏のバカンスに向けてそろそろ脱毛サロンに通い始めて準備をしたい季節になりました。ここでは、よりスムーズに脱毛を行っていくために、様々なメリット、デメリットを紹介します。 脱毛のメカニズム 毛は、肌の角質層が変化してできた皮膚の一部です。肌から上に出ている毛部分を「毛幹」、肌の内部にある部分を「毛根」といいます。「毛根」の根元のふくらんだ部分を「毛球」といい、ここから毛が作られていきます。「毛球」の先端には「毛乳頭」があり、周辺の細胞を「毛母細胞」といいます 。この「毛乳頭」が毛細血管から運ばれてくる栄養や酸素を取り入れ、「毛母細胞」に受け渡し働きかけることで、細胞分裂がおこります。そして細胞分裂によって作られた組織が上へと押し上げられ「毛」になるということです。また、毛は「毛周期」というサイクルがあり、「成長期」→「退行期」→「休止期」という順になっており、「成長期」→「退行期」に移行していくまでに大体3週間ほどかかります。脱毛の施術をするにあたって効果があるのは「成長期」のみとなっています。光脱毛とは、毛の根元にくっついている毛根組織を熱で焼いて、破壊する脱毛方法です。 ムダ毛本体と毛根がくっついている「成長期」の毛だけに効果があるので、毛と毛根が離れている「退行期」や「休止期」の毛に対しては全く効果がないということなのです。そのことから、全ての毛を脱毛するためには、「退行期」、「休止期」の毛が「成長期」に変わるまでしばらく待ち、何度か回数を重ねて施術をする必要があるのです。 夏に脱毛するデメリット 冬も終わり暖かくなってくると、肌の露出が増えてきてムダ毛が気になりだしますね。この時期にはムダ毛の処理を本格的に始める方が多いのではないでしょうか。また、夏に向けて脱毛サロンの申し込みを検討するかたも多いでしょう。しかし、夏からあわてて脱毛に通い始めるのは、あまりおすすめできません。夏はどうしても紫外線を浴び、日焼けをしてしまいます。エステ脱毛の場合、黒いものに反応して脱毛器の光(フラッシュ)を当てて脱毛を行うため、肌が黒くなってしまうと毛根だけでなく、日焼けした肌にも過剰に反応してしまい、やけどのような状態になることもあるので大変危険です。どこのサロンでも「日焼けは厳禁です。」とのアナウンスをされるでしょう。それでも、もし、日焼けをしてしまったら。その場合は、その箇所だけ施術を行ってもらえなくなります。予約し、来店し、当日のスタッフの判断となりますので、1回分が消化されてしまうので大変もったいないですよね。また、夏は駆け込みの需要で予約が取りにくくなる店舗も多くなります。さらに、上でもお話した通り、脱毛の施術は毛周期に合わせて行っていかなければなりません。1度でツルツルになれる訳では無いので、計画的な予約が必要です。 春から始めるメリット 以上のことから、夏に慌てて脱毛サロンを探して何度も施術を受けられずに立ち往生するよりも、ちょうど今時期の春から脱毛を開始する方が、計画的にスムーズに施術を受けることが出来るでしょう。また、春から脱毛を始めるメリットは他にもたくさんあります。各脱毛サロンの割引やキャンペーンもまたそのメリットのひとつです。春は入学式や入社式、新生活などなど、「始まりの季節」ということで、新たなシーズンをお祝いする意味も含め、キャンペーンや割引を行う脱毛サロンがたいへん多くなります。痛みのない光脱毛は、レーザー脱毛と比べてだいぶ安価ですが、施術をする回数が多くなるのでキャンペーンや割引を使ってお財布に優しい脱毛プログラムを選びたいですよね。この4月から始めることが出来れば、「成長期」「退行期」「休止期」についても、夏までに計画的に何周も施術を行うことが出来るので、バカンスやバケーションの多い7月には、ムダ毛がほぼ目立たなくなるくらいの効果が期待できるはずです。メリットの多い早めのこの時期に、是非脱毛を開始してみてはいかがでしょうか?

メンズ都度払い脱毛サロン

光脱毛がおすすめの理由まとめ

新生活の季節。心新たにそろそろ自己処理からサロン脱毛に挑戦したいあなたに読んで欲しい!レーザー脱毛と光脱毛についてをまとめてご紹介します。 光脱毛とレーザー脱毛の違い 光脱毛も医療レーザー脱毛も、レーザーや光を毛根のメラニン色素に当ててダメージを与えて脱毛する方法です。何が違うのか、と言うと、施術する脱毛マシンの脱毛効果が違ってきます。クリニックで使っている脱毛マシンは医療用なので、脱毛効果が高いのです。光脱毛も医療レーザー脱毛も、毛根を破壊して脱毛しますが、光脱毛サロンでは、毛根を破壊するマシンを使うことはできない決まりになっています。光脱毛サロンには医師の常駐が義務付けられていないため、出力の弱いマシンのみ取り扱っています。光脱毛では、効果が出てから完了するまでに、最低12回程度はサロンに通う必要があり、脱毛を終えるまでに2年程度かかる人がほとんどだそうです。その一方で、医療レーザー脱毛はだいたい5~7回程度通うのが平均的で、完了には数カ月から1年くらいだそうです。とはいえ、光脱毛でも、周期に合わせて施術して行くので、割と効果は高く、3回目くらいからはだいぶムダ毛が目立たなくなり、自己処理のしやすい状態になってきます。 痛くないから全身できる! 脱毛するには刺激を伴います。また、痛みも脱毛方法によって痛さは大きく異なってきます。脱毛するには毛根を破壊しなければならないため、温度の高いレーザーやフラッシュ(光)のエネルギーが必要になります。脱毛の中でも光脱毛は比較的痛みが少ない脱毛法と言われています。皮膚の黒い色(メラニン)だけに反応する光を照射して、毛根だけを熱で破壊します。光のターゲットは毛根だけですが、毛根は熱で破壊されるので、その際にどうしても肌に熱を感じます。ただ、医療レーザー脱毛ほど出力量が強くないので、やけどのリスクはほとんどありません。施術中の光をあてている時は、温かいなぁ…と感じるくらいで、時々濃い毛の部分でパチッとあつくなるくらいでしょう。もちろんその分脱毛にかかる回数も多くなりますが、乾燥肌や敏感肌などで医療レーザー脱毛の光は強すぎて照射できないわ。という方でも光脱毛くらいのの光の強さであれば、特に問題なく照射できる方の方が多いです。ちなみに医療レーザー脱毛の痛みは、ワキの場合はバチっバチっと、弾かれるような、焼かれるような感覚です。VIOのような、太い毛の集まる場所に施術を行う場合は、麻酔をしなければならないほどの痛みになってきますのでご注意を。筆者も1度VIOを経験したことがあるのですが、息が止まる。ぐっと堪える。涙が出るほどの痛みでした。さすがに2回目の毛周期が回ってきても、恐ろしくて施術を予約することはありませんでした。 一度に全身施術してもお手頃価格! 最後は金額について。医療レーザー脱毛は短い期間で脱毛完了するのが魅力ですが、1部位の価格がかなりお高め。全身脱毛となるとさらに跳ね上がります。また、全身脱毛で契約をすると、一日で全身の施術が行えるのはありがたいですが、全ての痛みに耐えなければなりませんのでご注意。光脱毛のサロンの場合、痛みが少ないので一気に全身脱毛の契約をしても心にも体にも負担は少ないといえます。また、光脱毛サロンはこの時期キャンペーンが豊富ですので、自分に合ったお店やキャンペーン割引等を探すのも楽しいでしょう。 まとめ いかがでしょう?個人差により痛みの程度は異なりますが、以上が一般的な医療レーザー脱毛と光脱毛の違いです。どうせ全身脱毛をお考えなのであれば、お得なこの時期に脱毛の開始をオススメします。

メンズ都度払い脱毛サロン

ムダは抜いちゃダメ!!おすすめしない4つの理由。

埋没毛になる危険性 毛抜きやピンセットで自己処理を続けていると、埋没毛になってしまう可能性が非常に高いです。埋没毛になってしまうと皮膚の内側に毛が生え、成長して伸びてしまうことで、外側から見ると皮膚が黒ずんだ状態になってしまいます。これはどのようになっているかというと、毛抜きやピンセットででムダ毛を引っこ抜いた際に毛穴が広がり、傷つくことによって、皮膚の再生機能が働き、再生と共に一緒に毛穴を塞いでしまうのです。出るところのなくなった毛が成長していき、塞がった毛穴の中で長くなってゆくので、皮膚の外からの見た目は黒ずみのようになってしまいます。埋没毛は治療をするにも特に厄介なもので、皮膚の上に毛先が顔を出さなければ埋没毛を取り除くことは不可能です。ピンセットや安全ピンなどで皮膚に穴をあけなければならないので、傷になり、長く跡が残る可能性もあります。 毛嚢炎を引き起こす 毛嚢炎とは、毛穴の奥の毛根を包んでいる袋状の毛嚢という部分に細菌が感染して炎症を起こすもの。毛穴の炎症というと多くの場合ニキビを想像するかと思いますが、ニキビは毛包炎の他に、面ぽう(毛穴が詰まった状態で炎症がないもの)とニキビ痕が混在しているものをいいます。毛嚢炎の原因の多くは、毛抜きやブラジリアンワックスなどを使用して、ムダ毛を根元から抜くことで、毛穴が開いた状態になり、毛穴に細菌が入ることによって細菌に感染して化膿してしまうのです。太い毛の生えた部分ほど起こりやすくなっており、ワキやひざ下、V・I・O、男性の場合は髭の生える顎などにも発生することがあります。ムダ毛自己処理が原因で発生する毛嚢炎は痒みがあったり強い炎症を起こして悪化する可能性もあるので、できるだけ早めに皮膚科を受診しましょう。毛嚢炎の治療は、抗生物質や炎症を抑える内服薬、抗炎症剤の外用薬を使用し、約1週間程度で症状が治まり、完治には1か月ほどかかります。毛嚢炎が起きる原因のほとんどは不適切な自己処理によってのものです。トラブルの予防のためにも肌を清潔にし、保湿をしっかり行うことが大切です。 毛穴が開く 毛抜きやピンセットを使用することで毛穴が開いてしまいブツブツの多い肌状態にります。毛抜きやピンセットは、毛を挟んで毛根を引っ張って抜くというものですが、これは最大に毛穴に負担をかける自己処理です。ムダ毛が顔を出している毛穴よりも、引き抜かれる毛根のほうが大きくなっているので、抜き取る際には毛穴が広がります。これを続けていると毛穴が開いた状態から戻らなくなり、イチゴ鼻のようなブツブツの状態が慢性化してしまうので注意が必要です。 毛抜きは脱毛効果が出なくなる 脱毛サロンに通っている場合、毛抜きでの自己処理は脱毛効果が出なくなるので絶対にやめましょう。脱毛サロンの光脱毛(フラッシュ脱毛)の照射する光は黒い色素(メラニン)にのみ反応します。そのため、毛抜きで毛根を抜きとってしまうと、破壊する毛根自体がないため、反応することができません。その結果、脱毛効果が全く得られないことになります。さらに、一度自分で抜いてしまうと毛周期が崩れてしまい、脱毛の周期と合わなくなってしまうケースもあり得ます。せっかく脱毛の周期に合わせたスケジュールで予約をしていても、毛周期がズレてしまうと脱毛期間はより長くかかることになってしまいます。脱毛中は絶対に毛抜きでの処理はしないようにしましょう。また、ブラジリアンワックスにおいても毛抜きと同じ原理ですので、こちらも脱毛期間中は控えましょう。また、カミソリでの処理は、埋もれ毛(埋没毛)・黒ずみ(色素沈着)などの肌トラブルを引き起こす可能性も高くなりますので、脱毛中は電気シェーバーの処理のみを行いましょう。 まとめ いかがでしょうか。以上の4つの理由から、毛抜きやピンセットでの自己処理はその後のお肌の状態に多くのトラブルを引き起こす事が明確ですね。肌を清潔に保ち、保湿などのしっかりしたアフターケアを怠らないためにも、一度脱毛サロンをお試ししてみてはいかがでしょうか。

メンズ都度払い脱毛サロン

自己処理のデメリット

季節も変わり暖かくなってきましたね。そろそろ脱毛サロンでのムダ毛の処理について考え始めようとしている方も多いのではないでしょうか。これから脱毛サロンの契約を考えている方には、今までは自己処理をしてきた方が大半だと思われますが、自己処理には思いがけないデメリットがたくさんあります。自己処理の仕方には、メジャーなもので「剃る」「抜く」「溶かす」「脱色」の4つがありますが、それぞれのデメリットを1つずつ紹介していきたいと思います。 ムダ毛を「剃る」デメリットとは? ムダ毛を「剃る」方法は、カミソリや電気シェーバーを使うというパターン。一番お手軽且つ簡単なもので、この方法で処理している人は多いと思います。 一般的なカミソリで剃ると肌の表皮も薄く削られてしまうため、乾燥やカミソリ負けなどのトラブルを起こしてしまいます。また、広がった毛穴に合わせるサイズの、より太い毛が生えてくるので、これを繰り返していると今までよりも毛が濃くなります。うぶ毛だった細い毛も濃くなっていくこともあります。自己処理を行う際は乾燥やトラブルを未然に防ぐためにもフェイス用のI字型の電気シェーバーを使うように心がけましょう。 ムダ毛を「抜く」デメリットとは? ムダ毛を「抜く」という方法は、ピンセットや毛抜き、ワックスなど、様々です。ピンセットや毛抜きでは、痛みはもちろんですが、毛穴を引っ張ることにより出血することもしばしば。そこから細菌が侵入して炎症がおきてしまうとにきびのように赤く炎症してしまうことや、毛穴がブツブツ突起して鳥肌のような状態になり、色素沈着を起こして黒ずんでしまうケースも多いです。また、血が出ると皮膚は再生し、治そうとするので、かさぶたのように毛穴を塞ぎます。そうすると中の毛が出てこれなくなり、皮膚の中で埋もれてしまう「埋もれ毛」や「埋没毛」と呼ばれる現象が起こってしまいます。また、ブラジリアンワックスなど、湿布して一気に抜き取る方法の施術もありますが、肌の保湿や抗菌に必要なうぶ毛までも抜き去ってしまうので、守るものがなく細菌が入り炎症しやすくなります。 ムダ毛を「溶かす」デメリットとは? ムダ毛を「溶かす」という方法は、肌の表面に見えている毛をアルカリ性のクリーム状の薬剤で化学的に分解するというものです。一般的には「除毛クリーム」という種類の薬品が薬局やドラッグストアに並んでいます。具体的には、クリームを塗ってから数分後に洗い流します。除毛クリームは薬剤特有のニオイがあります。また、弱酸性のお肌にアルカリ性の薬品を湿布してムダ毛を溶かすので、肌への負担は大きいです。炎症を起こしたりかぶれたりして肌荒れが起こりやすいので、お肌の弱い方は避けた方の使用は避けましょう。腕・脚のムダ毛の使用のみに限定されているものが多いので、ワキやVIOへの使用はできません。 ムダ毛を「脱色する」デメリットとは? 「脱色」とは、肌表面に生えている毛の色を薬剤で明るくする方法です。除毛クリームのように薬剤が肌に合わずに炎症や肌トラブルの原因にもなり得るので気を付けましょう。中の毛が伸びてくると、脱色した部分の毛と生えてきた黒い部分の毛の境目が不自然に目立ってしまうことがあるようです。また、こちらも肌が特に敏感なデリケートゾーンや、目や鼻、口などの顔全体のムダ毛には使用することができません。刺激が強いため炎症やトラブルを起こしやすいことと、目や口などに薬剤が入ると大変危険なためです。 まとめ いかがでしょうか。このようにムダ毛の自己処理には様々な方法且つ様々なデメリットが見受けられます。どの場合もお手頃価格で挑戦しやすく、簡単ですが、効果はもちろん、持続してゆくうえでの肌への負担や安全面などのデメリットを考えると、脱毛サロンでの施術のほうが安心できるかもしれませんね。是非、一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

メンズ都度払い脱毛サロン

光脱毛とレーザー脱毛の違いをズームアップ!

近年、脱毛は女性の身だしなみやマナーとして当たり前になってきました。露出している脚や腕だけでなく、せなかや脇、VIOなど見えないところの処理をされる方も多いようです。今回は、光脱毛とレーザー脱毛の違い、それぞれどのようなメリットがあるのということをわかりやすくご紹介します。 光脱毛とレーザー脱毛の大きな違い この2つの脱毛方法の一番の違いは、照射する光の波長の種類の違いです。光脱毛の場合は複数の波長を含んだ光を広範囲に照射する方法です。レーザー脱毛は単一の波長で集中的に熱を集めて照射する方法です。光脱毛もレーザー脱毛も、メラニン色素(黒色)だけに反応する光の波長を選んで、直接ムダ毛の毛母細胞にダメージを与えて脱毛しますが、レーザー脱毛は照射の威力が強いため、完全な「永久脱毛」が可能です。いずれの方法も、黒く太い毛にはよく反応しますがうぶ毛や細い毛は脱毛しにくいため、元々毛の量が少ない方は黒く太い毛よりも回数がかかる可能性があります。無料カウンセリングなどでよく話を聞いて納得してから施術することが大切です。また、メラニン色素がない状態、いわゆる白髪になってしまうと脱毛できない場合があります。しかし、最近では、白髪やブロンドヘアでも効果が期待できる機器が開発されているそうで、サロンや美容クリニックによって、どのような機器を使っているかによって、白髪でも脱毛が可能な場合もありますので確認してみましょう。髪だけでなく体毛も白髪になりますから、もしも迷っているなら是非とも白髪になる前にチャレンジしておくことをおすすめします! 日焼けは厳禁です! 光脱毛やレーザー脱毛の照射する光は黒い色素(メラニン)にのみ反応します。脱毛施術前に日焼けをしてしまった場合、ほとんどの脱毛サロンで施術を断られます。脱毛のフラッシュは黒い色(メラニン)に反応します。日焼けして黒くなった肌の場合、脱毛用のフラッシュが肌のメラニン色素に反応し、やけどなどの肌トラブルにつながる危険性があります。脱毛前はもちろんですが、脱毛期間中の日焼けはNGです。また、脱毛用のフラッシュは肌が白いほど、直接毛根のメラニン色素にあたるため、脱毛効果を発揮します。日焼けして黒くなった肌はフラッシュを直に毛根にあてられずに分散してしまうので、脱毛の効果が薄くなってしまう恐れがあります。サロンや美容クリニックでの脱毛を考えているなら、日焼け対策をしっかりしておいた方が良いでしょう。 光脱毛のメリットとデメリット 光脱毛とは、主に脱毛サロン、エステサロンなどで行われる脱毛方法で、IPL(インテンスパルスライト)等の機械を使って行います。光脱毛またはフラッシュライト脱毛などと呼ばれるものです。光脱毛は医療行為ではなく美容のための施術なので、完全なる脱毛ではなく、減毛、不再生脱毛ということになっています。光脱毛はレーザー脱毛よりも照射する光が弱いため、肌への刺激も弱く痛みが少ないというメリットがあります。最近では、手軽な家庭用の光脱毛器も販売されています。サロンで行う脱毛よりは効果は低いですが、毛抜きなどで自己処理をするよりも肌へのダメージは少ないとされています。何度も通わなくて済むのはありがたいですよね。脱毛サロンでの光脱毛の一番のメリットとなるのはレーザー脱毛に比べて料金が安くてすむことです。さらにシーズンのキャンペーンなどを利用すれば、かなり費用を抑えることができますので、全身脱毛をお考えのお方で金額を抑えたい方には光脱毛がオススメです。ただ、光脱毛はレーザー脱毛よりも脱毛完了までの時間がかかります。毛周期をみながら2~3ヶ月に1度の割合で施術を行い、さらにレーザーよりも弱い光を照射していくので、部位にもよりますが完了までには1~2年かかるといわれています。少々期間がかかるのがデメリットといえるでしょうか。 レーザー脱毛のメリットとデメリット レーザー脱毛は医療用レーザーを使った脱毛方法なので、医療従事者でないと行うことが出来ません。エステサロンや脱毛サロンでは行うことが出来ず、医療機関や専門のクリニックでのみ受けることが可能で、必ず医師とのカウンセリングをする機会が設けられています。マシンは、ダイオードレーザーアレキサンドライトレーザーなどの出力の高いレーザー機器を使用するため、バチンという痛みを感じる方がほとんどです。追加の料金を支払って、麻酔クリームを使うことも可能です。また、エステサロンではできない「永久脱毛」をすることが可能です。また、レーザー脱毛は光脱毛よりも少ない回数で完了することが可能で、施術する部位や範囲にもよりますが、だいたい5~6回で完了することが多いとのことです。そのため、短期間での脱毛を完了したいという方にはレーザー脱毛の方がオススメです。レーザー脱毛ができる機関では、施術後のアフターケアも保証されています。レーザーは照射の刺激が光脱毛よりも強く、毛が生えてくるところを熱で破壊しますので、肌トラブルになる可能性もありますが、医療機関や専門のクリニックであればその場で医師の対応を受けることが可能です。ただ、レーザー脱毛の施術は施術1部位当たり1~2万円ほどしますので、全身脱毛となると一回の費用が10~20万円ほどかかることもあります。医療機関のレーザー脱毛は、脱毛サロンの光脱毛よりも値段が高いというのがデメリットではあります。 まとめ いかがでしょうか。脱毛サロンで行う光脱毛も医療機関で行うレーザー脱毛もそれぞれのメリット、デメリットがたくさんありますね。時間がかかっても、費用を抑えて痛みの少ない光脱毛か、費用がと痛みを我慢しても短期間で行えるレーザー脱毛か、ご自分の脱毛ペースや費用、目的に合わせて慎重にご検討なさることをおすすめします。どちらを選ばれても、皆様にとってストレスフリーな素敵な脱毛ライフが訪れますように!

メンズ都度払い脱毛サロン

脱毛中の方、必見!脱毛期間中絶対にしてはいけないことをまとめてみました!

脱毛サロンでの施術には、余計な肌トラブルを起こさないため、より効果を得られるようにするために、してはいけない注意点がいくつか設けてあります。注意点の中には当日の施術を受けられなくなってしまう可能性のある重要事項の場合もあるので、改めて再チェックしていきましょう。 日焼けは絶対にNG 脱毛施術前に日焼けをしてしまった場合、ほとんどの脱毛サロンで施術を断られます。脱毛のフラッシュは黒い色(メラニン)に反応します。日焼けして黒くなった肌の場合、脱毛用のフラッシュが肌のメラニン色素に反応し、やけどなどの肌トラブルにつながる危険性があります。脱毛前はもちろんですが、脱毛期間中の日焼けはNGです。また、脱毛用のフラッシュは肌が白いほど、直接毛根のメラニン色素にあたるため、脱毛効果を発揮します。日焼けして黒くなった肌はフラッシュを直に毛根にあてられずに分散してしまうので、脱毛の効果が薄くなってしまう恐れがあります。 薬の服薬 薬の服薬をしていると、健康障害につながったり、肌荒れや色素沈着などの肌トラブルを招く恐れがあります。医師に処方されている薬の場合は、脱毛サロンの施術を受けても良いか、事前に担当の医師に確認しておきましょう。また、薬局やドラッグストアなどの市販の薬の場合はサロンに直接確認しましょう。脱毛サロンでは 薬の服用に関して施術の度に確認されるので、正直に答えるようにしましょう。ただ、服用時間の制限や、低用量のピルなどは服用可能など、サロンによって様々な約束があるので、こちらに関しても直接確認することをおすすめします。施術前後の予防接種についてもサロンによって決まりがあります。予防接種での「発熱」「腫れ」などの症状が出て肌が敏感になっている場合、そこにフラッシュを照射すると症状を悪化させてしまう危険があるためです。予防接種を行う場合は、トラブル回避のために、前後何日期間を設けたらよいかの確認を忘れずに。 お酒 当日はもちろんですが、脱毛前日にお酒を飲んだ場合、施術を断られることがあります。過度のアルコール摂取は体の水分を減少させてしまいます。そのため肌の乾燥を招き、痛みやかぶれなど、トラブルを引き起こす原因となります。また、お酒を飲むと血行が良くなり、体温も上がります。熱がある肌は、大変敏感になり、普段なら何でもないちょっとした刺激でも「赤み」「かゆみ」などのトラブルが起こりやすくなります。当日、前日はお酒を飲むのは控えましょう。 自己処理の注意 ムダ毛を挟んで引き抜くタイプの処理は全てNGです。「光脱毛」「レーザー脱毛」は、毛根に反応する光線を照射しダメージを与えることによって脱毛を行います。しかし、毛抜きを使ってしまうと肝心の毛根がなくなってしまうので効果がなくなります。また、せっかく毛周期に合わせた予約をしていても、毛抜きで毛根を抜き取ってしまうことによって周期がずれ込み、脱毛完了の時期がどんどん遅くなってしまう恐れがあります。もちろんブラジリアンワックスを使った脱毛も、毛抜きと同じく毛根からなくなってしまうので、脱毛中の自己処理に使用するのはやめておきましょう。当日のシェービングも肌を傷つけるためNGです。また、カミソリを使ったシェービングは角質や皮膚を削りとってしまうので、乾燥の原因となります。乾燥した肌はより痛みを感じやすくなったり、照射の際の肌のダメージを受けやすくなりますので注意が必要です。とはいえサロンでの施術にはシェービングをしていかなければなりませんので、前日までに、肌に負担の少ないフェイス用の電気シェーバーを使いましょう。 まとめ いかがでしたか。サロンでの脱毛の施術を受ける際には、本人の体調や肌の状態が大変重要になります。より安全に、トラブルなく施術を受けるためにも、以上の注意点をしっかり守ってより効果のあるサロン脱毛を心がけましょう。

メンズ都度払い脱毛サロン

「春脱毛」がオススメの理由とは!

春脱毛のススメ 今や、脱毛はエチケットとして必須といえる、一般的な美容法ですよね。施術する時期は夏直前よりも、ちょうど今頃の「春」が一番。なんて、ことは聞いたことありませんか?今回は、なぜ、この時期がいいのか、「春脱毛」のオススメポイントを紹介します!まず、気候です。秋や冬と違って、春は乾燥の肌トラブルが減少する季節です。気温も暖かくなり、肌の乾燥も少なくなってきます。肌の状態がどんどんよくなる季節でもあるので、最もベストな季節と言えます。また、脱毛を始めるにあたって、夏本番までにちょうどいい時期です。春は夏よりも紫外線も少なく、脱毛後の肌への負担を少なくなります。さらに、春は夏目前ということで、脱毛サロンはさまざまなキャンペーンを打ち出します。オトクなキャンペーンはもちろん、施術可能部位が増えたりするのでキャンペーン期間中はオススメです。また、今時期から脱毛の施術を始めれば、脱毛完了とまではいかずとも、かなり効果を得ることができるので、夏本番にはムダ毛がかなり薄く、少なくなっていることが期待できます。 脱毛をスタートするなら春が良い理由とは? 寒い冬はたくさん着込んで露出が少ないため、自己処理を怠りがちな方も多かったのではないでしょうか。しかし、夏になって露出のタイミングや水着を着る直前になってムダ毛を気にし始めても、脱毛は一回ではおわりません!夏までにある程度までの効果を得たいのであれば、遅くても春には通い始める必要があります。春になるとたくさんの脱毛サロンでお得なキャンペーンを展開し始めます。電車や街中で広告を目にする機会も多いのではないでしょうか?ただ、春は多くのサロンでキャンペーン合戦となるため、予約が取りにくくなってしまう恐れもあります。その月の予約が取れないと、施術が一か月遅れてしまいますから、できるだけ早くサロンを決めて、スムーズに予約を立てていきたいですね。 レジャーの多い夏に合わせて計画を立てる 脱毛を経験した方の多くは、毛質や量で個人差はあるものの、大体2~4回程の施術でムダ毛が目立たなくなったと感じる方が多いという報告があります。 脱毛サロンでは施術前に必ずカウンセリングを行うので、その機会に自分の毛質や量をチェックしてもらい、目標とする理想の完成度をスタッフに伝えて計画を立てていきます。 脱毛の施術は、だいたい1~3ヶ月の頻度で通うのがベストとされています。 施術は、毛周期という毛の生え変わりに合わせて行ってゆく為、サロンに通うペースは早くても 1~2ヶ月に1度のペースとなります。 そのため、ムダ毛が気になる夏直前に脱毛を始めてしまっては、肝心の夏本番には到底間に合わないことになります。 ちょうど今頃の春先から脱毛を開始することによって、レジャーの多い7月ころまでには2~3度位は施術を受けることができるので、夏直前に脱毛を始めるよりも回数を重ねることができますので、脱毛効果は上がります。 また、施術後は日焼けは絶対にNGです! 春のうちに脱毛を始めておくことによって、夏の強い日差しから脱毛後の肌トラブルを避けることもできます。 脱毛後の肌への負担を少なくするためにも、早めに始めることがおすすめです。 まとめ いかがでしたでしょうか?春は脱毛を始めるメリットがこんなにたくさんあることがわかりましたね。夏直前に慌てて脱毛の予約をしても、「ただいま予約でいっぱいです」と言われてしまうでしょう。予約の混雑で脱毛ができなくなる前に、今から計画的に「脱毛計画」を立てることをオススメします。